許すまじ
<コンビニ強殺>店員が万引き男に刺され死亡 大阪・寝屋川

我が町大阪でこんな事件が横行しているのは本当に恥ずかしい。
 6日午前0時50分ごろ、大阪府寝屋川市高宮のコンビニ「セブン−イレブン寝屋川高宮店」で、2人組の若い男が缶ビールなどを万引して逃走、追い掛けたアルバイト店員の上内健司さん(27)が、2人組の1人に刃物で左胸を刺され死亡した。刺した男はそのまま走って逃げ、もう1人の男は近くに止めていた白の乗用車で別の男と一緒に走り去った。大阪府警は強盗殺人事件として行方を追っている。

 3人組(一人は運転手)はいずれも18〜20歳くらい。車に乗り込んだ男は、つば部分が白っぽい紺色ヘルメットをかぶり、黒色長袖上衣、黒色ズボン姿。上内さんを刺した男は後ろ髪が肩まで伸び、黒っぽいズボン姿で、上半身は何も着ていなかったといい、もみ合いになった際に脱げた可能性がある。

こういう事件、警察には犯人を徹底的に捕まえてほしい。
こういう事件が横行して、世間の人に「結局正義感を持った人間が貧乏くじを引く」という考えが蔓延してほしくない。
同時に、顔も知らない上内健司さんの事は忘れてはいけない。
27歳ならコレまで積み上げてきた人生もあるだろうし、これからの夢もあったと思う(私とほぼ同い年なので……)。その無念を、こんな傍若無人な奴らに踏みにじられた事について、私たちは全く関係ない人間であっても怒りを覚えるべきだ。
[PR]
by choyushi | 2007-10-06 12:19 | ニュースに発言


<< 涙なしには読めない 言葉という凶器 >>