デバガメ根性を社会悪のように言うな
<プライバシー訴訟>元AV女優の黒木香さん勝訴

94年に引退した元AV女優の黒木香さんが「近況を報じる週刊誌の記事でプライバシーを侵害された」として、発行元の小学館側に2200万円の賠償を求めた訴訟で、東京地裁は13日、170万円の支払いを命じた。滝沢泉裁判長は「一般市民として暮らしている現在の私生活を興味本位に暴露する記事は違法」と指摘した。


下線は私が付けました。
さて、私はもともと芸能人とかに興味はありませんが、
それを差し引いてもこういう「すっぱ抜き」ってやつですか?
あまり好きではありません。
私は芸能人には「芸」を提供してもらってなんぼだと思います。

逆に言えば、「芸」さえよければ私生活はどうでもよろしい。
よっぽど破天荒な人間でも、芸で喜ばせてさえくれれば
どんなに人間的にダメでも良いです。
私はその人本人ではなく、その芸が好きなわけですからね。

それはそんなデバガメ根性丸出しの下品な報道は感心がない、と
自分で自分を信じたい自分もいます。
でもこういうのって、本当に自分の品性の問題だと思うんですよ。

気になるのは確かでも、本当の本当にそんな事を知りたいか?
興信所に自分の好きな人を付けさせるような真似をしたいのかどうか??

だからなおさらこの被告側の
「特異な芸能活動をした原告の近況は社会の正当な関心事」
という言葉は引っ掛かります。

自分のした事の正当性を主張するのに、他人を巻き込むな!!


そうは言っても、こういった記者達が売れるために
自分のプライドやモラルを平気で捨てられるようになったのは
それを嬉々として買う購買者のせいなんだろうなぁ。

それを買うという行為が、自分もデバガメに加担している、
隠し撮りを行っていると思って欲しいと……
言っても無駄なんだろうな。
[PR]
by choyushi | 2007-04-13 20:20 | ニュースに発言


<< キング招き猫 山が好きなのではなく自称山好き... >>