人気ブログランキング |
イヌゴエを見る
おかしいな。
なんでかな。
私、この間腰をいわし(壊し)ましたよね。
で、つい最近、朝シャワーを浴びてたら首をいわしましたね。
それからしばらく首と肩が痛かったんですが、最近ようやく治ってきました。
と思ったら今は右ひざが痛いです。
なんでかな。どうしてかな。受難続きですよもう。
もっとも足の怪我は自分のせいなんですけどね。
久しぶりの吹雪で地面が凍結してましたというのを理由にあげさせてもらっても、私の運転がへたくそだった事は事実で。幸い、後続車も対向車もなかったので大事故にならなかった事と、厚着をしていたので怪我もたいしたことがなかった。しかし、なぜ左に曲がろうとしてコケたのに右足を怪我してるんだろう(;´Д`A ```
いや分かってるんだけどね。曲がろうとした瞬間にタイヤが噛んでないのが分かったから、立て直そうとバイクを右に振ったから、バイクの重量に振り回される形でこけたんだ。横滑りに2回転したのは分かってる。回ってる途中、「ひー!! ヒ、ヒップホップのサイドグライドみたい!!?」とか思ってたので。こんな時にそんな例え。馬鹿なのかのんきなのか。
ま、そんなわけで今右足が痛いです。

そんな痛む足を引きずって大阪城公園の梅林見てきました。よりによって一駅丸々歩いてから。電車に乗れよ。時間もないのにえっこらえっこら歩いて、長い階段に差し掛かった時はさすがに「……ココまで来たけど、帰ろうかな」と思いました。
でも行って良かった。
c0005713_22405726.jpg
良かったよ。さすがに綺麗だった。圧巻。近づくにつれ濃厚な梅の香り。今までの疲れなんて本気で吹き飛ぶくらい綺麗でした。
c0005713_22415771.jpg
時間がないので2、3分ボーとしてさっさとその場を後に。とりあえず来た、という証のためだけに写真を撮る私。むなしい……
c0005713_22431378.jpg
この後、ナナゲイで映画を見に行く予定だったので長居はしておられんのだ。これだって、時間ぎりぎり。映画は45分から。大阪城公園を出たのが20分。果たして間に合うか……?!と痛む足をさすりつつ十三へ。
結局十三へ着いたのが……00分。やったー!ヾ(@⌒▽⌒@)ノって全然間に合ってないよ!!
映画は完全入れ替え制なのでダメもとでスタッフに聞いてみると、なんとか入れてもらえました。よかった〜コレで入れてもらえなかったら、ココに来た意味全くないし!!

というわけで、幾多の苦難を乗り越えて(大半は自分で作り出してますが)見てきました、『イヌゴエ』。
いつも人生に消極的で、恋人にもあきられがちな主人公。
そんな彼を一変させるのは、父親に無理やり押し付けられたフレンチドッグ・ペスとの出会い。
一見かわいいペスは、実はオッサン声で関西弁を話す不思議な犬だった。
というお話です。
えーと……わかりますか? わかりませんね。まぁハートウォーミングな話だな、ということは分かると思います。声がおっさん、ということ以外は。
映画の感想。
最初はドキュメンタリーのような独特のカメラワークが気になりましたが、物語り全体の冗談のような雰囲気になじんで最後には気にならなくなりました。
父親が大阪弁なのに息子が標準語なのがちょっと気になりました。最初の父親(ビデオ)との掛け合いが良かっただけに、ちょっと残念。まぁそれは、私が関西人だから思うことなのかもしれませんが。
主人公の性格が、消極的でダメな性格なくせにさらっとしているおかげで、嫌味なく見れた。特に女性関係で必要以上に悩んだり追いかけたりというシーンがなかったのが私的には安心して見れた。多分そこで停滞してもおかしくないストーリーの流れが、スムーズに流れたのは主人公の性格によるものだろう。まぁ、あっさりしすぎてると言えなくはないけど、そこはそれ、物語ですから(^^;)。
ペス(ジョン)が可愛い。もとい、ペス(ジョン)の仔犬時代の映像がめちゃくちゃ可愛い。と同時に、「大きくなったらこんなおっさんになるのか……」と愕然とさせられる。
「臭気判定士」って本当に実在するんかな?
宮下ともみ、一目ぼれするには……ゴニョゴニョ

ま、以上を持ちまして、『イヌゴエ』は「結構面白かった」という結論になりました。いやまじ、無理して見にきてよかったです。
c0005713_22585349.jpg
その後、線路脇を歩いてガード下にあるオムライス屋さん『幸福亭』で夕食。
mixiの十三のサイトで美味しい店として上げられていたので、一度行ってみたかったのです。作成した十三食べ歩きマップを確認しつつ、お店へ向かう。踏み切りわたらなくちゃいけないのでちょっと嫌になった……足痛いのに……今回はもっと近くにすればよかった(^^;)。でも踏切を越えたらすぐそこにお店の看板が。あそこか〜(*´∇`*)
とりあえず一番人気という「あとのせオムライス」を注文。「普通のデミグラスでいいですか? ご飯の量は普通で良いですか?」と聞かれたのでちょっとビビる。普通のって、普通じゃないのとかってあるのか?どんなの? と思ったが、デミグラスのほかにトマトソースやハヤシソースにも出来るのだそうな。
スープとサラダは標準で付いてくるみたい。ご飯には味付けがされているが、ちょっと濃い目かな……って、評判のお店の料理を私が食べると全部濃く感じるんだけど、これが大阪の味付けってやつなんだろうか。あんまり辛いと最後まで食べるの嫌になると思うんだけどなぁ。でもちゃんと綺麗に食べましたよ。味付け的には美味しかったです。卵のトロトロ具合もgood。今度はご飯少なめで頼んでみよう。
そうそう、お店の内装は洋館風で、落ち着いた時間が流れた空間です。お店を出てすぐ道路なのはちょっと危なっかしいけど、ココならもう一回来たいな。次はカレー頼んでみよう。

帰りに十三の駅前で十三焼きを買って帰宅。この間母親に頼まれていたのをすっかり忘れていたのだ。ついでに会社の人たちにも買って帰る。明日朝から岸和田で会議だから、その時にでも渡そう。
by choyushi | 2006-03-15 22:47 | 大阪ってこんなとこ


<< ねこまんが51/ホワイトデー 漢字バトン >>