MUSICAL BATON
ブログからブログへ同じ質問が回ってきて、それに答えてまた次へと回すという、今流行りの『MUSICAL BATON』が我がブログにもまわってきました。ひー!当然存在は知っていたしよく拝見させていただくブログさんでもいくつか取り上げられていたので内容は知っていましたが、まさか自分の所に廻ってくるとは思ってなかったので全然考えてませんでした。
しかも一番星様から廻って来たとあれば、マジに書けばいいのかネタに走った方がいいのか判断に苦しむ所です。まぁ、マジに書いても誰も楽しまないと思うんで、ほっといてもネタに走ると思うんですけどね。

さてでは第一問。
1.コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
……わかりません。いきなりですいません……
普段PCで音楽を聞く事はまずありません。引っ越して自分の部屋を持った時に、まず「快適な音楽空間を」というコンセプトの元に部屋の配置を決めたので、パソコンの上にコンポが一つとジュークボックス(?)が一つ、両脇にスピーカーを設置しました。ので音楽はこれで聞いてます。PCに音楽を入れる時は、レンタルCDを入れておいてCDかMDに落とす時のみです。先日PCを初期化した際に以前の音楽データは消えてしまったし(兄から貰ったアニメの音楽データが全て消えたのはショックでした)、今は先日借りたCDが入ったままだと思います。PCの容量が危なくなって来た時にまっ先に消されるのは間違いなくこの辺のデータです。

c0005713_16453231.jpg2.今、聴いている曲
ドラえもん絵描き歌。
正確には某ラジオ番組でドラえもん特集をやっていた回の放送を聞いています。そして「ドラえもんってジャイアンより歌下手じゃない?」とか思ったりしてます。そして絵描き歌に合わせてドラなど描いてみましたが…なんかさっきから…うまくいきません。あれ?足がない…
そらでなら描けるのに〜!ジレンマです。(でも上には上がいた…リンク先を参照)
上のは本当に10何年ぶりかに描いたドラえもん。太っ(笑)。でもまぁ物凄く久しぶりで、見本なくなしでこれくらい描けたら上出来かな? ドラってたまにこういう口したよね??

3.最後に買ったCD
基本的に音楽はレンタルかラジオで手に入れるので、自分で買う事はまずありません。なのですが…たまに…amazonとかって怖いですね。ポチッとワンクリックで買えてしまうんですから(amazonのせいにするな)
確か最後に買ったのは『特撮英雄伝』です……orz
音楽CDでなくてもいいんならオークションで譲ってもらった岸和田博士のラジオドラマです…どっちにしても……orz

4.よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
うわーこれは難しいですね! 他の人のように「衝撃を受けた!」というような曲はないんですが、とりあえず私の人格形成に深く関わった曲を5曲あげる事にしましょう。

c0005713_926616.jpg『宇宙刑事ギャバン』
これは外せないでしょう。菊池俊輔氏(仮面ライダー!!)も渡辺岳夫氏(O戦はやと !!)も、ついでにいうと小林亜星氏(ボルテスV!!)だって好きですが、やっぱり渡辺宙明氏が一番好きです。兄が宇宙刑事シリーズのカセットを持っていたんですが、この楽曲が大好きで大好きで何度も聞いていました。当然わかめになりました。ごめんなさい。とにかくイントロがかっこいいです。『チェイス!ギャバン』もイントロかっこ良いです。あとエンディングの『星空のメッセージ』は名曲。

c0005713_9212011.jpg『COME BACK TO ASIA』
物心着いた時から聞き続けていたTMネットワーク。その中で一番好きな曲です。初めて聞いた時は『SPANISH BLUE』が好きでした。完璧に兄に影響を受けた曲(というかアーティスト)です。兄にはその後、山本正之(オリジナル楽曲の方)、ザバダック、遊佐美森、麗美などの楽曲も影響する事になります。


c0005713_922405.jpg『天狼星に(シリウスに)』
母が好きだと言う事で兄が買って来たさだまさしさんのCDを聞いて以来、私もすっかりハマってしまいました。『天狼星に』は間違いなく佐田さんの曲の中で一番好きな歌です。
でもいわゆる有名所の曲は嫌いです。ていうか、あんまり良いと思いません。なんか説教臭くて。『主人公』や『風に立つライオン』とか人気の高い曲ですが、あまりに「っぽい」感じが鼻に付いて素直に「良い」と思えません。曲調にも新しい感じもないし。さだファンの方からは避難を受けそうですね。初めて聞いたアルバムは『夢の吹く頃』と『風待通りの人々』で、その中でそれぞれ『マグリットの石』や『普通の人々』なんかが好きでした。『普通の人々』のような哲学的な歌詞とかわりと好きです。さっきの「説教臭い」というのと矛盾が生じると思われるかもしれませんが、あちらは内容が象徴的すぎて嫌いだと言うだけです。また最近のさださんの曲も落ち着き過ぎてなんか好きになれないですね。やはり借金背負ってた時の必死な時期が一番楽曲が良かった気がします。ビートたけしさんだったか、「人は満ち足りている時は良いものが出来ない」というようなことをおっしゃっていましたが、確かにその通りだと思います。足りないもの、追い求めているものがあるから、つくり出そうとする意欲が湧くんですから。

c0005713_9221816.jpg『JOY』
中学の頃に初めて聞いたB'z。その後JーPOPを聞き続ける事になるきっかけを作ったと言っても過言ではないと思います。B’zはいろいろ好きな曲がありますが、最初に好きになったのがシングルのB面に入っていたこの曲。シングルカットの曲でない所がひねくれてる…。あと稲場さんより松本さんが好きだと言った時も「変わってる」って言われた…。かっこいいやん!ギター回したりして!!
そんなわけで中学・高校とJーPOPばかり聞いてました。アニソン以外を聞いてた時期もあったんですよ。DA PAMP、浜崎あゆみ、GLAY、LUNA SEA、黒夢、ワンズ、T-BOLAN、斉藤和義、hitomi、平井堅、とんねるず(後藤次利さんが好きなんで)、KINKI KIDS、ラルク、ミスチル、ポルノグラフィティ……ほどとんどが友人の影響です。そういえば黒夢のCD返さなきゃ…

さて。最後の一曲になってしまいましたが、ここにきてほとほと選曲に困ってしまいました。やはり一番星さんにお誘いいただいたと言う事で特撮ソングを選んだ方が良いんでしょうか(笑)。それならスタンダードナンバーとして子門真人さんとか出しておきましょうか。では『松戸競輪のCMソング』で。って特撮ちゃうやん!
ま、冗談は置いておいて、正直子門真人さんの楽曲って、思い入れのある曲がないんですよね。……なんだろう、ドラえもんとか子門さんって、子供の頃から「周りにあって当たり前」という感じだったんで、特筆して書く事がないんです。子門さんの私の知らない曲とか聞くと「あ、子門さんだー」と思う前に「はっ…!覚えなきゃ!」と、瞬間的に強迫観念のごとく思ってしまう。そんな感じです。なので子門さんは別格として置いておいて、御三家の中で私が一番好きなアニメ歌手の持ち歌からこれをあげたいと思います。
c0005713_9214792.jpg『たたかえ!キャシャーン』
言わずと知れた佐々木功御大の名曲。『999』とかも死ぬ程好きなんですが、この曲はライブに行った時に聞いたんですが、前振りのセリフを佐々木さん自らがおっしゃっていたのが感動的でした。きゃー!マイケル!
そう、子供の頃父親がナイトライダーを見ていた影響で、佐々木さんといえばマイケル。コンドルのジョーじゃなくてすいません。
もともと好きな曲だっただけに演出の渋さに参りました。もちろんカラオケで歌う時は必ず、息が続くまでシャウト!
もちろんデビュー曲の『本命はお前だ』も好きです(笑)。

こんな感じでつらつら書き起こしました。読んで下さった皆様お疲れ様でした。御静聴ありがとうございます。やっと終わったか、という気持ちとまだ語り足りんという気持ちでいっぱいです。でもこれ以上語ると腱鞘炎になってしまいそうです。

で、最後にこのMUSICAL BATONを誰かに回さねばならないんですよね…
とりあえず猫リンクを張らせていただいた皆様にお願いできますでしょうか。
たつ様とやぶ猫様はすでに受け取られている様子なので……
『猫アレルギーのパパと猫のみどり』のさんご様、
『ねこタビばいく』のももねこ様、
『Life with Ed and Curry』のはちべえ様、
よろしくお願いします。後二人……
私がブログに引きづり込んだ『夢百合詩(あるすとろめりあ)』のリリーさん、『ぽっかり日記』の尚さん、よろしく!
[PR]
by choyushi | 2005-06-27 16:48 | 特撮とぬいぐるみ


<< ぐりぐり。 玉造食べ歩きマップ >>