<   2016年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
私はいかにしてTRPGから遠のいたのか
Twitterのツイートランキングで二つもTRPG関連のツイートが上がっていてビックリ。
そしてそれに寄せられたコメントに「やりたいけど出来ない」って人がたくさんいてビック…りはしないな。
やっぱりな、という感じ。

TRPGの敷居は高い。
まず、人が集まらない。(この問題はチャットなんかのツールでクリア出来そうだけど)
そして、集まった所で好きなルールで出来るとも限らない。
さらに、即興劇的な側面があるので気の合う人とやらないと…やらないとっていうか、その前に輪に入れない。

特に私は2番目の理由でTRPGから遠のきました……

昔からの友人とその友達の某ゲームを元にしたTRPGのセッションに参加させてもらったんだけど、
元ネタを知らないと楽しめない……
友人は「元ネタ知らなくても楽しめるよ!」と言っていたけど、
え、じゃあこの楽しくない感じって、ゲームそのものが楽しくないってこと?
それ、もっと怖いんですけど…

その友人が出産したりして疎遠になってからゲームもしなくなり、
しばらくはゲーム熱も冷めてたんだけど、ケイオスドラゴンが楽しそうだったり
D&Dが復刻されたり、今度はT&Tも出るっていうんでまたTRPG熱が再発してきました。

で、先日、旦那の行きつけのイエローサブマリンについていったんだけど…
(ちなみに旦那の目的はゲームではなくフィギュア)
敷居が高い理由その3ね。雰囲気ね。

イエサブの中にはゲームコーナーがあって、
その日もカードゲームでわいわいやってる人たちがいたんですけど…
あの中に入っていける気がしない。

私も一人でバーに行ったりする人間なんで、お一人様が苦手とか
人見知りするとかじゃないんです(まぁ人見知りはするけど、常識の範囲で会話は出来る)。
怖い人たちだとか思ってるわけでもないんです。
初心者にも丁寧に教えてくれると思います。

でも…何と言ったらいいか難しいのですが、
あえて言うなら
「TRPGはルールさえ覚えれば楽しめるというゲームではない」
ということだと思うんです。

昔、こんなことがありました。
学校の友人に頼み込んで初めてテーブルトークをした時、
友人が開口一番こう言いました。
「じゃあ、とりあえず王様の所に行くよ!」

……彼は悪くない。
当時、ファンタジーゲームと言えばドラゴンクエストのご時世。
主人公は王様に呼ばれて冒険の旅に出かけるのは至極当然のことでした。

「……いやぁ、王様にはちょっと…謁見出来ないんじゃないかな…」
そういった後の彼のテンションの下がりようは今でも忘れません。
温度差。
この温度差が怖い。

共通の知識、共通のイメージ。
それはもちろんGMPL共々ルールブックを読み込んで共用しておくべきことなのでしょう。
でも当時興味のないゲームをしてもらう立場の私に
ぶあっついルールブックを手渡して「読んで♪」なんて言えなかった……

思えば、私が某ゲームを元にしたTRPGを楽しめなかったのも
元ネタを知ってる人との温度差のせいだったのかもしれません。

だから……知らない人たちの輪に入っていくのが怖い。


ちなみに……
私が今一番やりたいゲームはローズ・トゥ・ロードだ。
敷居が高いにもほどがある……


とりあえずTablkの会員登録はした。

[PR]
by choyushi | 2016-02-24 17:29 | GAME! | Comments(0)
クトゥルフ・ダイス
c0005713_22141884.jpg
ゲームマーケットで唯一購入したゲーム。
簡単そうなのと、二人で出来ることから選びました。
どうしても旦那と二人でやることの方が多いので。

こちらのレビューで「プレイヤーはそれぞれダゴン秘密教団の幹部で、お互いを邪神の生贄に捧げようとしている。血で血を洗うダゴン秘密教団の内部抗争を描くハードなゲームだ。たぶんそんな感じ。すいませんテキトーに言いました。」って書いてるけど、多分そんな感じ。説明書にはなんで狂信者同士で争うのか?っていう明確なアンサーがないんだけど、これなら納得です。

ルールは、プレイヤーがまずそれぞれ、正気トークンを3つずつ所持。中央に、邪神クトゥルフの祭壇があります(というイメージ。日本語版はクトゥルフが書かれた箱に入っているので、私はそれを使用しました)。

プレイヤー達は順番に呪詛者となり、呪う相手を指定してダイスを振り相手を攻撃(後述)、相手も反撃としてダイスを振る。これで1ターン終了です。以後、呪詛者を交代しつつ繰り返していき、最終的に正気トークンが残った者が勝利。

さて先ほど「攻撃」と書きましたが、正確には「相手の正気トークンが邪神に奪われる」「ダイスを振った人間に関わらず、呪詛者が呪った相手の正気トークンを奪う」「邪神から正気トークンを奪う」「邪神がすべてのプレイヤーの正気トークンをひとつずつ奪う」「以上の効果のどれかを選べる」の5つが専用の12面ダイスに書かれており、それに従ってゲームが進んでいきます。

正気トークンがなくなっても即ゲームオーバーにならないところがミソですね。
(正気トークンがなくなったプレイヤーは、呪詛者の役が巡ってきたときに相手の正気トークンを奪えたとしても、それは邪神に送られる。邪神から正気トークンを奪えた時のみ、正気に戻れる。)
脱落型のゲームって、脱落してしまったらすることないから暇ですもん。ゲームはやっぱり渦中に入るから面白いんであって。

トークンは19枚入っているので、6人までは遊べます。が、トークンの代用があれば何人ででも出来ます。
原文だとおはじきみたいなトークンが入ってたようです。
プレイマットも入ってますが、使わなくても全然大丈夫です。

ちなみに、全員正気トークンを失う結末もあり得ます(ていうか一番最初にそうなった)。
その時は、めでたく邪神復活です。それもまたよし。
「クトゥルフって何?」って人に説明するにはうってつけのゲームかもしれませんね。

[PR]
by choyushi | 2016-02-22 15:03 | GAME! | Comments(0)
ゲームマーケット2016 in神戸
ゲームマーケットが地元神戸で開催されるというので、
ゲームにあんまり興味のない旦那を伴って行ってきました。

開場から1時間遅れで入りましたが、まぁすごい人。ゲーム人口って多いんだなぁ。
向こうで知り合いに会えるかと思いましたが、
あの人ごみの中でたった一人に会うのなんてほぼ不可能ですね。

会場の片側の壁が解放されていて、そこが食事スペースになっていました。
焼きそばとかたこ焼きなんかのド定番の他に、ワッフルやハンバーガーなんかも売ってました。
温かい食べ物が食べられるのはいいけど、ちょっとした食べ物を持参してもよかったかもしれません。

あと、圧倒的に男性が多いと思っていたんですが、
割と女性の姿もたくさん見かけました。
それも彼氏に付いてきたとかじゃなくて、女性同士で来たりとか。

せっかくなんでリプレイ書いてる同人誌でも買おうかと思ったんですが、
最近はあまりそういうの書く人いないんでしょうかね。
かろうじてクトゥルフのリプレイ&シナリオと
初心者にオススメのボードゲームを紹介してる冊子、
それと同人ゲームブックを購入しました。

あと、イエサブでクトゥルフのダイスゲームも。
旦那に「クトゥルフ好きやなぁ」と言われたんですが、
特別クトゥルフ好きというわけではなく、昔からコンスタンスに
ファンや新作を生み出してる作品が他にないってのが正直なところです。

ちなみに、旦那は興味ないのに楽しかったのか?というと、
「昔ここでガレキのイベントやってたの遊びにいったの思い出した」
とすごく嬉しそうでした。そういえば今回のイベントでも戦車のガレキ買ってた。
まぁ……楽しめたなら何より。(あんまり一般的な楽しみ方じゃないけど)

ところでこのゲームマーケット、当然買い物の他にゲームの体験もできます。
私もやってみたかったけど、短時間でルールを理解する自信がなくて……。
まぁ今回はゲームマーケットの雰囲気を楽しむってことで。
来年もまた同じところであるみたいなんで今度はもっと計画立てて行ってみようかな。

[PR]
by choyushi | 2016-02-22 15:02 | GAME! | Comments(0)
SC【4日目】
この日は雨でした。
しかし今行っとかないと今月の予定を考えると他に行ける日がないので、
仕事帰りに旦那と落ち合いスポーツクラブへ。

荷物は休みだった旦那に持ってきてもらったので快適無敵。
施設へも、大体屋根のある所を通ったのであまり濡れませんでした。
行き道は…

実は上履きを買ってきてもらったんですが、
この日は旦那も旦那があまり芳しくないということなので、二人とも水中ウォーキングのみ。
買ってもらった靴も、若干小さいので少し不安です…
今度試してみて、無理だと思ったら買い直します。

この日はいつもより少し長めに歩いてみました。
手のひらを前に開いて抵抗を増やし、足も斜めに蹴り上げるように。
慣れもあると思いますが、ちょっと前より上達しました。
あと水がそんなに怖くなくなった。とはいえ、潜るのはまだまだ怖いですけど。

いつも通り、風呂に入って終了。やっぱり耳かき持ってきておかないとな〜と言いながら帰宅。
この時点で雨は小振りだったんですが、ちょっと遅くなっても良いということだったので
神戸駅前のバーに行ってきました。ぜひ旦那を連れて行きたかったんです。

1杯だけで退散しましたが、帰りは結構な大雨になってました…。
当然、足下ぐちょぐちょ。
せっかくお風呂に入ったけど、これはもうどうしようもないということで
帰宅後、もう一度入浴。お風呂っていいね…。

次回は休みの日に行くので、久しぶりに普通のウォーキングもしてこようかな。

[PR]
by choyushi | 2016-02-16 14:38 | トレーニング | Comments(0)