<   2013年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧
劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語 感想
劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語見てきました。
ネタバレ(?)感想書きたいので、過疎ってるブログにこそっと書く。

まーいろいろつらつら考えたんですが、
前回のEDである「Magica」ってむしろ
今作のほむらにこそ合うんじゃないかって。

いつか君が瞳に燈す愛の光が
時を超えて
滅び急ぐ世界の夢を
確かに一つ壞すだろう

新編を作ると聞いて、実はあまり見る気はありませんでした。
新編がどういう話になろうと、私が好きなのはあくまでも
全12話の一連のシークエンスがなわけですから。

これはどういう意味かと言うと、例えば私はある歌が好きでも、
その歌手の歌を全部集めるとかはしないんです。
私が好きなのはあくまでもその歌であって、同じ人が作ったからと言って
全て私の好みにストライクする訳ではないと思っているから。

なのでその後の物語がどういう風になろうと、
ぶっちゃけ「知ったこっちゃない」と思っていました。

それが何故見に行く事になったかと言うと、
私の好きな「映画のブログ」さんが取り上げていたから。

この人は本当にすごくて、どんな作品も(いや、もちろん本人が面白いと思った作品だけでしょうが)絶対に否定から入らない。
必ず肯定してくれるんです。
こういう感想ブログってすごく珍しくて、だいたい上から目線で「あれは駄目」から入るか、
何もかも受け入れて「それでも良いの」と訳の分からないところに着地するかのどちらか、
のブログが圧倒的に多いんです。

でもこのブログの主さんは、「これってどうよ?」と思うような場面もちゃんと作り手を尊重し、肯定し、しかもそれを実に客観的に納得できるところに落とし込んでくれるんです。
知識も半端ないので、それをすんなり受け入れる事が出来る。

この人がレビューを書いているなら。
どんな出来上がりになっていても、受け入れられる気がする。
そして「ネタバレ」と書かれたこのページが見たい。
という変わった欲求により、映画を見る事を決意しました。

躊躇いを飲み乾して
君が望むモノは何?
こんな欲深い憧れの行方に
儚い明日はあるの?

さて多くの場所で「賛否両論」と言われていた今作ですが、
私も正直見終わった後はもやもやしてました。
これで終わって良いの?的な。

でも上記の「映画のブログ」さんの論評を読んで思うところがありました。
曰く、
「その世界は、ほむらがみずからの力で勝ち取ったものだ。
 努力すれば世界さえも変えられる。本作からは、そんな明朗なメッセージが伝わってくる。
 ここには永劫回帰に耐える強さも、明るい結末を期待せずに生きる覚悟も必要ない。
 いくら努力してもできないものはできないと思い知らされた前作に比べ、なんと明るい物語だろう。」


子供の頃夢に見てた
古の魔法のように
闇さえ砕く力で
微笑む君に会いたい

「明るい」ーー
あんなダークな映像表現だったのに、明るいと評するんだ。

しかし、確かにラストの世界には、文句の付けようのない「幸せ」が満ちあふれていた。
マミさんが生きていて…まどかが隣にいて…キョウコが飢える事なく…
何よりも、「まどかですら救えなかったさやか」ですら、「京介や仁美にもう一度挨拶出来る世界」が構築されているのだ。

もしあれがハッピーエンドだと言うならーー
「きれいごとでは世界は救えない」
という虚淵さんの声が聞こえてくるようで怖いw

怯えるこの手の中には
手折られた花の勇氣
想いだけが賴る全て
光を呼び覺ます 願い

今作品をして、「まどかの願いをなかったことにして、自分の都合のいい世界を作り出したほむらは自分勝手だ」と言っている人がいた。その通りだと思う。

しかし。とも思う。

実はほむらは、前回からずっと「自分勝手な世界」を作り上げていた。いや、作り上げようとしていた。
「まどかとの出会いをやり直したい」
という願いは、それ自体「自分の納得のいくようにやり直したい」という願いに他ならない。
しかし、前作では「自分勝手だ」と避難される事はなかった。
何故か?

いつか君も誰かの為に
強い力を望むのだろう

それは、ほむらが、失敗し続けるからだ。
願いは、最後まで、叶わないからだ。

愛が胸を捉えた夜に
未知の言葉が生まれて來る

そもそも、私(たち)はこの作品に何を望んでいたのだろう。
みんなが微笑んで暮らしていける世界だとしたら、それは今作の前半で見せてくれた。
しかし、あのシーンを「是」としたレビューはほとんど見られなかった。

皆がおそらく見たかったのは、苦悩し、苦労し続けるほむらだ。
逆境にあらがい、それでも健気に戦い続けるほむらを尊いと感じ、応援する気になれた。
前作のラストで涙した人は、まどかの自己犠牲ではなく、
今まで頑張って頑張って頑張り続けたのに、最後の最後で愛する人を失い涙するほむらに対してだろう。

少なくとも、私はそうだ。
それに気付いたとき、愕然とした。
私はほむらの幸せを望んでいなかったのだ。

迷わずに行けるなら
心が碎けてもいいわ
いつも目の前の哀しみに
立ち向かう為の 呪文が欲しい

前作を見終わったと、常々考えていた。
まどかという心の拠り所を失ったほむらは、どうやって生きていくんだろうかと。
「姿は見えなくても傍にいる」というのはひどく抽象的な概念だ。
それはともすれば「思い込み」にしか過ぎない。
今作でほむらが言っていたように、「自分が勝手に作り出した想像に過ぎないのではないか…」と不安になるのは当然の事だ。だって、自分以外誰も「知らない」のだから。それは「想像」とどう違うのだろう。

君はまだ夢見る記憶
私は眠らない明日
二人が出会う奇跡を
勝ち取る為に進むわ

『山椒魚』という作品がある。
井伏鱒二さんの代表的な短編小説だ。
成長しすぎて自分の棲家である岩屋から出られなくなってしまった山椒魚は、
ある日迷い込んできた蛙を逃すまいと、入り口を塞いでしまう。…というお話。

1929年に発表して国語教科書にも採用されるほど話題となったが、
1985年、自選全集に収録する際に、なんと作者本人によって結末部分が大幅に削除されてしまう。
その理由について、井伏さんは「ずいぶん迷ったですよ」としながらも「どうしようもないものだもの。山椒魚の生活は」という語っている。

「考え」続けていたのだ。
一度世に放たれ、自分の手から離れた作品について、
実に半世紀近く経っても「考え」続けていたのだ。
山椒魚の置かれた境遇を。山椒魚の嘆き悲しみを、「考え」続けていたのだ。

虚淵さんも考えたのだろうか。
届かない願いを胸に抱いたまま、戦い続ける少女の心境を。
ただひたすら「戦い続ける」と言ったその誓いが、呪いに変わる時間の長さを。

怯えるこの手の中には
手折られた花の刃
想いだけが生きる全て
心に振りかざす 願い

あのまま、孤独のまま戦い続けるほむらは気高く、美しかっただろう。
外から見れば。
でも本人は幸せだったろうか?
心が壊れそうになりながらも、何度も同じ時間を繰り返し、
友人を救おうとして、でも最後の最後でそれが叶わなかったほむらは…

どうあっても、叶えなければ気が済まない願いがあったのではないか?

囚われた太陽の輝く
不思議の國の本が好きだった頃
願いはきっと葉うと
教えるお伽噺を 信じた

ー光と影の中ー

最初私は「もやもやする」とか「ハッピーエンドなのか?」と書いたが、
確かにこれは一つのハッピーエンドなのだろう。

思えば、虚淵さんはこれまでの作品のほとんどを「ハッピーエンド」で終わらせてきたと思う。
本人が言っていたように「ご都合主義は書けない」けれど、
ご都合主義ではないので結構ゴツゴツとして苦みがあるけれど、
誰も犠牲にならずに全ての幸せを手に入れる事が出来た今作は
確かにハッピーエンドだと思う。

靜かに笑き亂れていた
古の魔法優しく
世界を變える力が
その手にあると囁く

…けれど、やはりもう一どんでん返しがあるような気がしてならないw

終わらない夢を見よう
君と行く時の中で
想いだけが生きる全て
命を作るのは 願い

蛇足だが。
前半の魔性少女のシーンは非常に良かったと思う。
シャフトとイヌカレーが本気を出して魔法少女を作ったらこんな映像になる、というのが存分に楽しめた。
前作で「今までに見た事のない魔法少女を」を目指したというが、今回はまさにそれだ。
変身シーンも、魔法少女然としながら、実は全く違うものだった。
光って、裸になって、リボンが巻かれて、キラキラポン、というのが「お約束」だが、今回の変身シーンは全員凝っていた。少しテンポが悪い気もしたが…(映画館では体感時間が長くなるというから、そのたかもしれないが)

あと、戦い方が素晴らしかった。
魔法少女といっても、やってることはプロレス、ってことが多い中、実に「魔法少女」と呼ぶにふさわしい夢のあるメルヘンチックな戦い方だった。大満足。
[PR]
by choyushi | 2013-11-08 16:08 | 作品鑑賞 | Comments(0)