<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
別にいいじゃん。
日本郵政:「まだ年賀状」に異論…民営化後初の大事業

「民営化後初の大事業」と日本郵政グループが位置づけた08年の年賀状。発行枚数を4年ぶりに増やし、テレビCMなどでPRに努めたが、投函(とうかん)数の減少傾向に歯止めがかからなかった。ここにきて、サービス向上にと例年より10日ほど延長し18日までとした販売期間も、「年賀状は松の内まででは」「謹賀新年なんて今さら書けない」と疑問視する声が上がっている。【三木陽介、奥山智己、吉井理記】


mixiのニュースで見たんですが、これに対するコメントはほとんどが「往生際が悪い」「伝統文化破壊」とか否定的な意見がほとんど。
まぁ、年が明けた後も年賀状を売るのって、もちろん大人の事情も少なからずあると思うんですけどね。でも、「売ってるから買わなければいけない」というわけでもあるまいし、出したくなければ出さなければいいんですよ。
ただ、去年の郵政のCMはとてもいいことを言っていたと思うんです。
「年賀状は贈り物だと思う」
みんな、このコピーに触発されたから、今年は年賀状が多かったんじゃないですか?
結局、いつもお世話になってるあの人に、それから、なかなか会えないけど安否を知りたいあの人に、何かしらの贈り物をしたいというのは誰でもあると思うんです。
ようするに、そういう「心」ですよね。
年が明けてから年賀状を出すなんて非常識だ!
まぁそうかもしれません。
でも、じゃあ送り忘れたあの人には、今年はもう送んなくてもいいやって、それもまた違う。
もちろん寒中見舞いというものもありますし、そういうのでもいいと思うんですけど、なんていうか、
「そんなことで怒んなくなっていいやん」
と思います。
年が明けても年賀状を売ってるのを「拝金主義」と憤るのって、どうも発想が違うと思うんですけどね。

私が店頭で「まだ年賀状」を見た時に思ったのは
「年賀状がいつまでに出していいものかを書いておいてほしいな」ということ。
買ってすぐに書けるわけでもないし、届くタイミングも考えておかないと、
出すのを躊躇してしまうし…
でも後で調べてみたところ、昔は「年始の2日に書くのが普通」だったそうですね。
こうなってくると、もう何が「常識」と胸を張っていいのやら。
郵政にはぜひ、「日本の伝統を伝える」という名目で、そういったところもちゃん書いておいてほしいです。
[PR]
by choyushi | 2008-01-14 17:08 | ニュースに発言 | Comments(0)
こんな結婚式なら何度でも。
c0005713_12223883.jpg

冬の銀座でペンギンとウエディング

ペンギン2羽を“立会人"に、網走などの流氷や雪に囲まれて11日、東京・銀座で行われたユニークな結婚式。冬の北海道観光キャンペーンの一環。新郎新婦は「ペンギンのように仲良くしていきたいです」と笑顔(時事通信社)


ぶばっ!?(鼻血)
「ペンギンのように仲良く」というのが意味不明だが、
これはうらやましすぎる…
[PR]
by choyushi | 2008-01-12 12:23 | ニュースに発言 | Comments(0)
これを不祥事と言っちゃうの?
「連帯責任」クラス全員平手打ち…横浜市立小の女性教諭

こういうニュースは「教師の不祥事」としてひとくくりにされてるんですが、これは「不祥事」というものでしょうか?
見たところ自分の感情でも、欲望のために生徒を犠牲にしたようにも見えませんけど。

 横浜市都筑区の市立山田小学校で、5年生を受け持つ女性臨時教諭(54)が、児童38人の顔を平手打ちしていたことが11日、わかった。

 一部の児童が野外観察に集まらなかったことに腹を立て、「連帯責任」としてクラス全員をたたいていた。学校は「あってはならない体罰だった」として保護者らに謝罪した。市教委は教諭を処分する。

 同校によると、女性教諭は今月7日、産休に入った学級担任に代わって赴任。翌日、校内にある畑の観察に行こうとしたところ、数人が校庭でボール遊びを始め、なかなか集まらなかったため、「みんなにも責任がある」と、顔を両手ではさむようにしてたたいた。なかには、数回たたかれ、ショックを受けている児童もいるという。


個人的には「顔を両手ではさむようにして叩く」という行為はそんなに強く叩いていない印象があるんですが、まぁ、程度の問題は実際に見ていないのでなんともいえないでしょう。問題もまた、そう言うことではないと思うので。

最近聞かなくなった言葉に「連帯責任」というのがありますね。
例えばこの場合だと、悪いのはボールで遊んでいてなかなか集まらなかった生徒であり、なぜちゃんと集まった子供まで叩かれたのか…ということになると思うんです。
でもそれって実は個人主義であり、ある意味「自分さえよければそれでいい」ということなんですね。
学校に限らず社会でも、ある程度足並みを揃えなければ行けない場面というのはあります。例えば電車は2列に並んで待ちますが、誰かが割り込みをしてきたらどうでしょう。良識ある人が取るべき行動といえば、「黙って見過ごす」ことよりは「注意すること」だと言えるでしょう。
それと一緒で、野外観察はみんなが集まらなければいけないのだから、ちゃんとしている生徒はしていない生徒を促すなり何なりすべきだと言えます。
そんなのは教師の役目だと言われるかもしれませんが、「そう言うことを出来る人間になりなさい」という教育は必要なことだと思いますし、何でもかんでも教師が仕切ってしまうのもどうかと思います。

もちろん、ここまで書いたのはあくまでも理想。自分がやれと言われてもやはり出来ないと思います。自分にもありますもん、連帯責任を取らされた記憶が。
連帯責任を取らされたからと言って立派な大人になったかと言われると…まぁ…そうでもないと思いますけど(笑)、でもおかげでいろんな事を考えさせられました。先生に対する理不尽や、逆に求められている理想を想像することが出来ました。
そういうのって、ある程度体に痛みを与えないとそこまで考えないんじゃないかな、とも思います。
口で言われても、頭の中で「けっ」と思ったらムカムカだけ残して「何で怒られたか」とか「どうしたらよかったか」を忘れてしまいますから。特に理解力の低い子供の頃は、どうしても考えて欲しいことや止めなければ行けないことに関しては力を行使するのもありではないかと。
自分もやはり父に殴られた記憶があり、それでもなおそう思います(但し、個人的な感情を交えて殴られたことは一度もありません。本当に大切なのはそこだと思います)。

子供は大人が想像しているより多くのことを考えています。
でも人間として、社会人としてはやはり未熟で、常識は大人が教え込んでいくべき事です。口で言っても伝わらない場合もあれば、力を行使してでもそれをすべきではないでしょうか。
それを「子供の自主性に任せる」「痛いのは可愛そう」といって何もしないのは、単なる放棄ではないでしょうか。
明らかに「悪い」ということはハッキリとした態度で教える。それこそが子供にとって一番ありがたいことではないかと思います。
これは子供に限らないことですけどね。社会人になって、リーダーが優柔不断だとかえって混乱してしまったりするものです。間違っていても「こうだ!」と言い切るリーダーの方が(むしろ反論もしやすいし)ありがたいと思うのですが…
[PR]
by choyushi | 2008-01-12 11:29 | ニュースに発言 | Comments(0)
ネコのオシャレ
c0005713_124322.jpg

こんなの…こんなの…
オシャレでも何でもな〜いっ!!
ていうか可愛くない!
可愛くなくすオシャレなんてオシャレでもなんでもない…

こういうの被らせる人の精神構造って一体!?
いや、例えば記念日に着物を着せてみたりとか、サンタの格好をさせてみたりするくらいは良いと思うんです。記念写真を撮ってハイ脱がせる、くらいのスタンスならね。
あと、毛のないネコ(スフィンクス)とかチワワのような犬は、寒がりなので服を着せるべきなのだという話を聞いたこともあります。
ようするにペットの体調や特徴をしっかり捉えた上で、オシャレもしてあげてくださいね、ということ。当たり前ですけどね。

それにしても…
可愛くないよう…しくしく。
[PR]
by choyushi | 2008-01-08 12:04 | ニュースに発言 | Comments(0)
ちょっと待て、それは頭が悪すぎる。
香川県庁侵入の高3生、殺人予備容疑でも送検

 高松市の香川県庁秘書課に県立高3年の男子生徒(18)=同県善通寺市=が果物ナイフを持って侵入し、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕された事件で、男子生徒が「知事を殺すつもりだった。殺せば偉くなれると思った」などと供述していることが県警高松北署の調べで分かった。このため同署は6日、同容疑に殺人予備容疑を加え高松地検に送検した。

 調べなどによると、生徒は4日午後5時40分ごろ、秘書課の女性職員に刃渡り約11センチのナイフを突きつけ、真鍋武紀知事への殺意を持って面会を要求した疑いが持たれている。別の職員がやめるよう説得するとナイフを床に捨て、案内された椅子で両手で頭を抱えたまま一言も話さなかったという。私服で、ナイフの他に金づちも隠し持っていた。

 在籍する高校の関係者によると、この生徒にいじめ、不登校などの問題はなかったという。【松倉佑輔】


えええ~(´Д`;)

「知事を殺すつもりだった」
ふむふむ何か承諾できない主義主張の対立かな。若いなりに政治に興味があるとは見上げたやつ。
と思った矢先
「殺せば偉くなれると思った」
ちょっと待て何その不思議理論。

どこの下克上世界かそれ。
「くっくっく、こいつを倒せば次は俺の天下だ!」ですか。
んなわけねーだろ。
民主主義は殺人は犯罪 ハ・ン・ザ・イ!
どのゲームのやりすぎだよ。

あ、またこんなこと言うと書かれますね。
ぼくちんの愛するゲームは関係ないyo!

ええもちろんゲームが悪いってわけじゃないですよ。
だってゲームやってる奴だって普通こんなトンデモ理論掲げませんからハイ。

……何だろうこの青年。
18歳ですよ?

1.法律的には18歳だが脳年齢は10歳と8か月だった

2.殺人者は崇高な存在だと思った

3.本気で日本は実力社会だと思った

うーん……どれ?(どれでもねーだろ)
2は勘違いする奴本当にいますけどね。ていうか過去にいたねぇこんなの。
大量虐殺しようが残酷な殺人者だろうが、結局は忘れ去られていくんだけど……
3は、ある意味正しいっちゃ正しいんだけど……言葉の意味がちょっと違うなぁ。そこは言葉通りにとっちゃダメだ。それじゃ先生○はあげられないなぁ(何者)。


うーん、なんだか年末年始にかけて、なんだか若者の、頭のあったかい感じのニュースをよく見かける気がします。
誰でもいいから皆殺しにしたかった」というのもいたし。
「誰でもいい(1~無限)」と「皆殺し(全員)」という言葉を同時に使う矛盾に気づいてないあたりがなんとも頭あったかだなぁ、と思いました。
[PR]
by choyushi | 2008-01-07 00:03 | ニュースに発言 | Comments(0)
何をいまさら
ハリウッド実写版「D・B」がとんでもないことになってる!?

か~め~は~め~波―ッ!! っと、誰もがエアかめはめ波を出してアツくなった『ドラゴンボール』(以下・DB)が、とうとう今年の8月15日、ハリウッドで実写化される。しかし昨年10月、ハリウッドのオーディション情報を伝えるサイト『ハリウッドコメッツ』にて、DBのキャストを募集する情報がアップされたことによりネット上は大騒ぎに。その衝撃の内容とは…。

―悟空=学校では目立たないが実は才能のある武道家』『ブルマ=可愛くてインテリな女性。父親のDBをピッコロ大魔王に奪われ、悟空と共に戦う決意をする―

これを見た全国のファンは、「悟空が学生?」「原作を壊すのも限度がある!」と大激怒。いったい、なんでこんなことに?

「ハリウッドにとって一番の観客はアメリカ人。当然、表現やディテールはアメリカ向きに変えますよ。それに監督が“原作が好きで”作っているのか“お金を生むための作品”として作るのかにもよるとは思うんですが…。今回の作品が、興行成績重視の場合…、日本のファンにはつらい結果になるかもしれません」(ハリウッドコメッツ東京事務局・代表の渡嘉敷治夫氏)

そ、それはキツい! でも日本の作品がハリウッドに行くと、全然違う話になっちゃったりするのはなぜなの? ハリウッド在住の映画ライター、千歳香奈子さん?

「映画化の権利をハリウッドに売る場合、内容についての契約がとても細かいんです。今回は『おおまかにキャラクターや設定を買って、ハリウッド流にアレンジする』という契約だと思われます。とくにDBの場合、実写化の話があがったのは数年前。そこから二転三転して、多くの人の手を渡る過程で大きく変わってしまったのでは?」

今回の制作費は推定100億円(!)だとか。大金をかけてDBを実写化してくれるのは嬉しいけど…。あまりにも乱暴に扱うと、ファンは怒りでスーパーサイヤ人になっちゃうかも。面白いものを期待してますよ!
(R25編集部)


も、亀仙人がチョウ・ユンファな時点でおかしいって思わない人はいないって。

でもまぁ、ハリウッドに限らず、日本のドラマだってね。名前だけ借りて内容は全く別のもの、なんてのはざらにあったし。私はあまりドラマを見ないけど、『八神くんの家庭の事情』とか、ひどかったらしいしね。

私としては、完璧に同じ内容をトレースしたもの以外は、同じ作品として認識すべきではないと思う。その物語そのものがその作品だと思うから。
まぁそれが不可能なのもわかるから、小説とそれを映像化したものは、別物として見た方がいいと思う。名前が同じなのは不便だけど、同名の別物って結構あるし。
最終的には面白ければそれでいい。
ただし、内容が変わっていても見たいと思うだけの魅力的な作品であることが絶対条件だけど。だって、名前だけ借りて客を入れて、内容がつまんなくても「総観客数○○人突破!」なんてうたい文句おかしいし(っていうか、これって作品内容の良しあしと関係ない数字(ただの期待度)だと思うんだけど、何で売り文句として使われるんだろう? またそれで人が入るし。人間の心理不思議)

ところで、外国の作品は逆に、BGMひとつ変えたら訴訟だって聞きましたけど。
あれって契約如何に関わるのかな? ディズニーだけとかそんなの?
自分らは好き勝手やってて他国に好き勝手するなって、ジャイアニズム発動~って感じ。
[PR]
by choyushi | 2008-01-06 19:23 | ニュースに発言 | Comments(0)
休みは大事だよ。
巡視船のボート盗み脱走=32歳海保職員を逮捕−休みくれない上司に不満・茨城

 茨城県ひたちなか市の常陸那珂港沖合約1キロで停泊中の巡視船から小型ボートを盗み、脱走したとして、茨城海上保安部(同市)は4日、窃盗の疑いで、銚子海上保安部(千葉県銚子市)所属の一等海上保安士田原洋容疑者(32)=茨城県神栖市土合中央=を逮捕した。「休みをくれない上司に不満をぶつけ、巡視船にはいられないと思った」と話しているという。
 調べによると、田原容疑者は2日午前0時半ごろ、乗務していた銚子海保の巡視船「かとり」から警備救難用の小型ボート1隻を盗み、脱走した疑い。
 巡視船では1日夜から新年会が開かれていたが、田原容疑者は同日午後10時半ごろ、酔った状態で男性上司(58)の部屋に侵入し、約30分間にわたり罵声(ばせい)を浴びせたという。


ま〜、気持ちは分からんでもない。
というか、この人の気持ちが分からん、というサラリーマンの方が少ないんじゃないか?
過労死が騒がれている昨今とはいえ、未だに労働者の労働時間は常規を逸している者がある。

しかし、「休みをもらえない」という不満(ほんまにこれだけが理由とは思えないが、とりあえずこれを焦点に置くとして)が「思い通りに休みをとれない」というのなら、それは「無茶言うなよ」と言うほかない。
ま、人間誰しも思い通りに休みをとりたいし、逆に言えば思い通りでない休みは欲しくない。私だって水曜日に休めたら映画を未放題なのに……ぶつぶつ。
そんなことはどうでもいい。
とにかく、都合の良い日に休みをとりたいのは誰でも同じ、でも取れないのがむしろ普通だろう。もっとも、それが誰かの尻拭いのために取れない、というのであれば、腹が立つのは分かるけど……。

一方、「休みが実質的に、1日も取れない!」というのなら話は別だ。怒って当然。というか、然るべきところに出るべきだろう。
「そんなのおいらだって同じさ!この何ヶ月も、マトモな休みなんて取ってねーよ!」という人も当然いるかも知れないが、そう言う人はそういうことを、胸を張って言うべきじゃない。むしろ恥ずべきだ。
だって、それで喜ぶのって上司や会社だけ。そう言う人たちを良い気分にさせるだけで、働いてる自分も養うはずの家族も不幸にしてるんだもん。さらにいえば、他の社員やこれから入ってくる人たちだって巻き込んでるわけだから、広い目で言えば会社事態を存亡の危機にさらしてるわけでもある。
労働基準法は人間のためにあるけど、広い目で見れば社会全体のためにあって然るべき法律だと思う。結局社会は人間が動かしてるわけだし。

まぁこむずかしい話がしたいわけじゃなくて、この事件はもしかしたら私達自身が起こしたかも知れない事件だって言うこと。
おいら関係ねー、逃げ出すなんて憶病者ねって人は、少しは自分がどれだけ幸せか考えてみてはいかがかと。
は?ずる休みすればいい? 話にならんな。

しかし、このニュースによると上司はこの人の罵声を30分に渡り浴び続けたらしい。
30分て……けっこう長いぞ(笑)。
呆然として聞き続けたんだろうか。うーむ。
[PR]
by choyushi | 2008-01-05 12:43 | ニュースに発言 | Comments(0)