<   2007年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧
はるいん
ドイツでハロウィーン仮装の男性、殺人被害者に間違えられる | Excite エキサイト

前回のミンク騒動でもそうでしたが、堅物のイメージがあるドイツ人がこういう事件を起こすとなんだか微笑ましいです。きっとすごい真面目にリアルな仮装したんだろうなぁとか思って(笑)。
ところで、日本でもハロウィンっていつの間にか認知度高まりましたね。
私のハロウィンのイメージは、子供達が「トリックオアトリート!」と言いながら
町中の家を訪ね歩き、お菓子をもらう、というものですが、
日本では子供文化としてより大人の仮装大会になってますね。
つい先日も大阪駅で、大人の女性が魔女と黒猫の格好をして歩いていました。
普通に。
このまま定着するとは思えない行事なんですが、
ハロウィンもクリスマスのように、いつの間にか
恋人同士のイベントデーになってしまうんでしょうか。
今が過渡期なのかな。どこに行くのか、ハロウィン。
[PR]
by choyushi | 2007-10-31 09:40 | ニュースに発言 | Comments(0)
ちょっと可愛い
ドイツの兵士20人、逃げたミンクの捕獲に動員 | Excite エキサイト

兵隊が逃げまどうミンクをわーっと捕まえにかかる図は、想像するとちょっと可愛らしいんですけど、「ミンクはその毛皮がコートや服飾品に使用される」という文章にちょっと心が痛みます。
よく、毛皮用の動物は自由を奪われ、生きたまま生皮をはがされる、と言う話を聞きますし、そういうのに反対する人が不買という行動を示したりしていますが、それってどれくらいの効果があるんでしょうね。
思うんですが、世の中には「フェイクファー」といって、毛皮ではないけど極めて毛皮に似た製品が存在します。私が買ってるファーも非常に安物なのでこのフェイクファーなのだと思うんですが(1000円物しか買わない)、手触りも風合いもリアルファーと負けず劣らず、さらに安価で手に入り、丈夫で、加工も楽というプラスアルファの特徴もあります。
科学技術が向上して、こういった製品も出来ているのに、何故フェイクファーではダメなんでしょう?
本物=高級のイメージがあるのでしょうか。
でも、言ってみれば本物の動物を使った毛皮なんて原始人だって使ってたわけで、科学力を駆使したフェイクファーの方が現代的な物ではないのですかねぇ?
というわけで、フェイクファーはちゃんとフェイクファーと明記しておいてほしいなぁ。そうしたら迷うことなく購入するし、罪悪感もなくなるのにね。
[PR]
by choyushi | 2007-10-29 12:52 | ニュースに発言 | Comments(7)
文房具は大人のおもちゃだ
いや、別に文房具を使ってどうこうと言うことではなく(何を言ってるんだ)。
文房具ほど楽しい玩具はないですよ!

もちろんイロブンのような
破天荒な文房具も大好きなんですが、
普通の事務用文具も大好きな私です。

で、好きなお店は文房具・雑貨屋・本屋の私にとって
(ブティック?ファッションストア?ナニソレ)、
会社の近くの大阪会場ホールで催されていた文房具のイベント
まさに天国!

平日二日間だけの短い期間でしたが、最終日の昼に
昼食の時間を削って見に行きました。

オフィス街で催すイベントですから、
内容はごくごく普通の事務用品の紹介・説明。

それでも良いんだ!いろんな文房具のメーカーが新作を携えて、
詳しい説明と商品サンプルをくれるだけ満足なんだ!
本当にそれだけの他愛のないイベントだったんですが、
めちゃくちゃテンション上がってました。

事務用品と言っても、ボールペン、ノート、消しゴム、ノリ、ハサミ、
修正ペン、修正テープ、ホッチキス、封筒等のスタンダードな文具以外に、
防犯グッズなんかも置いてました(コクヨも取り扱ってるのにはびっくり)。

オフィス用品(椅子やテーブル、机など)からは個人情報保護に基づいて
オートロックで鍵はカードという収納家具とか、
万年筆のメーカーからは普通の蛍光ペンや、DAKSのペンケースや
何故か梱包用の発泡緩衝材を紹介されました。(私に言われても……)

目的としては先述したとおり、
オフィス街の人に自分のメーカーの文房具を紹介すること、
つまり、企業向けにうちの製品使ってくださいという事なんで、
当然それを前提に喋ってくるので
私のようにタダの趣味で見ている人間にはちと辛い物がありました……

でもブースに来てる説明員の人も結構積極的に話しかけてきてくれたりして、
中にはなかなか面白い人もいて面白かったです。
次はもう少し破天荒な文具も持ってきて欲しいなぁ(笑)。

変わった商品も少し紹介されていました。
脱着式で、簡単に抜けるので力の弱い人でも
紐の方から引っ張らないで抜けるコンセントとか、
後ろの部分を取り替えて左利きにも対応できるカッターとか、
ノック式のサインペンとか、自分の用事の他に上司の予定も書き込める
「BOSS」の項目がある手帖とか(笑)。

スタンプラリーがあって最後に景品をもらったんですが、
普通のボールペンではなくてゼブラの携帯用のボールペン&蛍光ペンでした。
そうでなくちゃね!

いや〜、興味のない人には「なんでそこまで楽しそうなんだ」
って思われるかもしれませんが、万年筆や高価な手帖ではなく
庶民レベルの文房具大好き人間なので、今回のイベントは
たった1時間足らずの短い時間しか堪能できませんでしたが
すごく楽しかったです! またやって!!
[PR]
by choyushi | 2007-10-18 18:16 | 日記 | Comments(2)
TBSは加害者であり被害者
TBSが亀田ドキュメンタリー番組を中止

昨日は心斎橋のバーで飲んでたんですが、
そこでマスターが言ったのが表題の言葉。

まー、力を入れてた選手が挑発の上反則負けっていう最悪のアクシデント
(どっちか一つならここまで騒がれなかったでしょうけどね)を起こした上に、
露骨に亀田びいきな実況中継していたら、バッシングは免れないでしょう。

しかし、これで次回亀田の試合があったら、
好きな人も嫌い人も注目はするでしょう。コレは確か。
絶対に切腹するはずはないと分かっていながら、
「切腹しろ!」って騒いでるのと同じようにね。

「そりゃお客は入りますよ。
そんで「そこでサミングや!」とか「投げろ投げろ!」とかいう
ヤジが飛ぶんですよ」

それいいな(笑)。

「そのヤジに耐えられれるかどうかが、
ボクシング続けられるかどうかを左右するでしょうね。
弟はまだ、ボクシングの怖さを知らんから」

今まで負け知らずでやってきた亀田大毅選手。
負けを知ったことでさらなる強さを得られたら……いいけどね。

「日本じゃもう出来ないんだから、アメリカかメキシコで
タイトル取って帰ってきたらいいんですよ。
それが出来たらかっこいいですよー。

海外はごまかしは利かないし、
日本チャンプくらいの強さの人間はゴマンといる。
良い修行になるんじゃないですか?」

確かにそれなら、もう誰も文句言わないだろうな。

ところで例の切腹騒ぎ、どうオチをつけるのかなーと
楽しみにしてたんですが、何もアクション起こしてくれないですね。
つまんないなぁ。

「本当に切腹すれば良かったのにね」

おいおい。

「で、すんでのところで父親が止めに入るんですよ。
記者会見で「危ないところだった」とか言ってね。
嘘でもそれくらい言っててくれたら良かったのにねぇ」

なるほど(笑)。
TBSも半端なことするくらいなら、
それくらいの脚本用意してやったら良かったのに。
[PR]
by choyushi | 2007-10-17 15:37 | ニュースに発言 | Comments(0)
下手くそは免許持つな
女子中学生2人死亡で運転手逮捕

運転手「地図見ていた」 京丹後・2中学生死亡事故

弔いの力走、高龍・男子2位 丹後ブロック中学駅伝

基本的に事故には同情的だけど……
ついうっかりって誰にでもあるからね。

でも。

だからといって、このままでいいわけじゃない。
今後こういうことが起こらないように、車の免許は
もう少し難しいものにしてもいいと思う。

もう、やめましょうよ、金さえ払えば免許取れるシステム。
人の命がかかってるんだから、真剣になりましょうよ。
保険証がカードになって、身分証代わりに免許が必要な時代は終わったじゃないですか。


あと、この子供たち、翌日の駅伝大会に出る予定だったんですよね。
この日も朝連のために二人で登校してたらしいんですよね。
まぁ、よりによって……と思うよね。

でも、誰でもそうだよね。
全てをやり終えた後に事故にあって死ぬ人なんてそういない。
誰だって今日や明日が当然あるはずで、一週間後や一ヶ月後の約束や予定を
楽しみにしながら生きてるはず。

昨日の夜中ね、会社から帰る途中で、信号待ちしてたら
道の脇にあるゴミ箱&灰皿から黙々と煙が立ち上ってたんですよ。
たばこの煙じゃないの。明らかに量が多いし、匂いも違う。

もしも何かの爆発物が仕掛けられていて、
今この瞬間爆発したらどうしようと恐怖しました。
最近物騒だし。

この日は普段使わない道を歩いてたし、
最近手に入れたおもちゃを(友達に見せびらかすために)
ようやく持ってきていた矢先でもあったんです。

これで死んだら、親や友達から「あの道を行かなければ……」とか
「よりによってこんな時に……」と言われるんだろうなぁと思いました。
でも、今死ななくても、いつ死んでも、きっとそう思われるよね。

そんなことを考えた矢先の事件だったので、
なんだか普段より身近に感じてしまって、やりきれない気持ちになりました。
他人事じゃないんです、本当。


被害者のお父さんの「訳が分からない」という言葉が身にしみます。
なんで?どうして?よりによって、なぜうちの子が……
一生続くであろう、答えのない問いかけを思うと、胸が痛みます。

改めて、亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by choyushi | 2007-10-13 23:10 | ニュースに発言 | Comments(0)
人気のキーワード
エキサイトでニュースを見ていると、
右下の方に『人気のキーワード』という項目が出てくる。
これはエキサイトの検索で最も多いキーワードを羅列したものだ。
……と思われる(^^;)。

しかし、「人気」というプラスイメージの言葉に反して、
その内容はかなりマイナス要素が多い。
「生田斗真」「ノーベル賞」「つくばエクスプレスのマンション」といった
普通の単語もあるのだが、中には……いやその3/1は、
形容しがたい社会の闇というか、人間の欲望とか煩悩の類が見受けられる。

「女性の抜け毛 」
「抜け毛の対策」
「再婚したい」
「小顔になる」
「レーザー脱毛」
「ダイエットする」
「自毛で植毛」
「ホクロの除去」
「脂肪の吸引」

ううむ。なんだか泣けてくるくらい、美容に関する悩みは尽きない。

中には「夫の不倫」「盗聴器の調査」「浮気の調査」などという
穏やかならぬキーワードまである。3つも。
……これ、妻が「夫の不倫」を検索して
旦那が「盗聴器の調査」を検索したら悲劇だな。
一つ屋根の下で繰り広げられる愛憎の物語。つーか、お前らもう別れろ。

ま、私も浮気してる男性を何人か知ってるんで、疑う気持ちも分かる。
浮気したいならそもそも結婚しなけりゃいいと思うんだけどなぁ。
人間は結婚したがる生き物なのねぇ。不思議不思議。
そうか、それで別れて、「再婚したい」のキーワードに結びつくわけだな。


また、案外よく見るキーワードに
「Macデザイナーの仕事」「DTPの派遣」というのがあるが、
イメージだけで「デザイナーかっこいい」と
思ってやしないか他人事ながら心配である。

イメージだけで仕事を選ぶと痛い目に見るぞ。
デザイナー以外に出来そうな仕事があるなら絶対にやめておいた方がいいって。
この道6年になってしまった私は切にそう思うのであった。
[PR]
by choyushi | 2007-10-12 19:01 | ニュースに発言 | Comments(7)
ゲテモノ
フットボール風味!? の炭酸飲料水 | Excite エキサイト

いや〜、もうこう言うしかないでしょう(^^;)。
まぁ「ゲテモノ食い」が好きな人もいることだし、
それなりに需要はあるのかなぁ……

でも。
よく考えてみれば、独特の風味を表現する表記がないだけで、
私たちはそういうものだって“正当な趣向”として好きなハズだ。
たとえばくさやとか。納豆とか。

そういえば私の好きなウィスキーのテイスティングでも、
「お前それ本当に旨いと思ってんのか?」と聞きたくなるような表現を
まますることがある。

例えば、アロンアルファのにおいだとか、正露丸の臭いだとか、
湿った段ボールだとか海岸のたき火の跡とか。
どんなやねん!

ともかく、臭い、としか言いようのないものでも旨いと言ってしまうあの感覚。
それは私たちがそれに対する表現を
「臭い」というマイナスイメージの言葉しか持っていなくても、
純粋に味としては旨いというプラスの要素を持っているに他ならない。


でも汗風味の飲み物は飲みませんけどね。
[PR]
by choyushi | 2007-10-12 13:01 | ニュースに発言 | Comments(0)
しょっくー
赤福が製造日表示を偽装か

赤福、好きなのに!!
もともとこしあんが好きなので赤福みたいなお餅は大好物なんです。
なんでこんな事するんだろう……
やっぱり売り上げの問題?

でもそうだとしたら、販売戦略に見直しが必要なのでは?
私の印象では、赤福は“あまりに何処でも売られてる”。

伊勢神宮参拝の土産物って知られて、確かに本店は伊勢の方にあるんですけど、
大阪にも売ってるし京都にも売ってるし、
この記事を見ると名古屋にも売ってるんですよね。
そうすると、“わざわざ買う”気が失せちゃうんだよなぁ。

普段あまりに目に付くから目新しくなくなると買わなくなるし、
京都に行って赤福を土産に買うのもなんだし。
それなら嫌いでも八つ橋買っちゃう(すいません、
私は嫌いなんです。母は好物なんだけどね……)

何処に行っても気軽に買えるのは良いと思うんだけど、
便利だけじゃ客は買わないよね。

今はネットで販売も出きるんだし、
いっそのこと伊勢以外の販売店からは撤退させて、
思い切って稀少価値で売ってみては?


あー、伊勢と言えば以前伊勢に行ったとき食べた伊勢うどん美味しかったなー。
久しぶりに食べに行こうかなぁ。
[PR]
by choyushi | 2007-10-12 12:23 | ニュースに発言 | Comments(0)
弱い犬ほど
Excite エキサイト : スポーツニュース

大きな口を叩くボクサーと言えば、真っ先にモハメド・アリが浮かぶように、
そんなに珍しい存在じゃない。ある程度のリップサービスは話題作りになるし、
広報部としては万々歳だ。そこに実力が伴っていようがいまいがかまわないと思う。

ただし、それが許されるのはあくまでも「ボクシングのスポーツ」、
そのルールに則って戦う場合にのみだ。ルールに則らない戦いはタダのケンカ。
ケンカなんてそこら辺で落ちてる。金を出して見に行くようなものじゃない。

ルールを破ると卑怯だ、と言いたいんじゃないんです。
例えばサッカーしてるときに手を使ったら反則ですけど、
それって卑怯と言うよりは“興ざめ”ですよね。そういうことです。

負けてリングを去る亀田氏は胸を張っていましたね。
「試合に負けて勝負に勝った」とでも思ってるんでしょうか。
アンタは正真正銘負けたんだよ、と言ってやりたい。

ま、でも亀田氏はそういうキャラだし(とはいえ反則には正直失望したけど)、
「切腹」発言もニュースのトピックスで知ってたけど特に注目してませんでした。
いつものことだし。

じゃあなんで今回記事に取り上げたかというと、
うちの穏和な母が珍しく反応してたから。
「目上の人間に対して生意気」とか「下品だ」とか、
うちの母らしからぬ憤慨ぶりでした。

しかしなぁ。
さっきも言ったように亀田氏は元々ああいうキャラだし、
まだ18でしょ(もちろん、“もう”18なんだけどさ)。

私はそれよりも、チャンピオンにインタビューしてる
みのもんたの方が目に付いたぞ。

私この人嫌いです。
その理由ははっきりしてる。
年食ってる割に人への配慮が足りないから。上から目線の人だから。

以前、フィギュアスケートで世界的な成績を収めた人に
(名前失念……ミキティだったかな)に対して、この人
タメ口きいてたんですよ!!?

あのね、たとえ若年者であったとしても、
世界的に確かな業績を残した人にですよ? 
単にキャリアが長いというだけの一司会者が、
タメ口っていうのはどうかと思いません? 

必要以上にへりくだる必要はないけど、
敬語を使うのが礼儀ってもんじゃないですか、当たり前の大人の対応。
それが出来ない人間は、この間の「うん子」と同じだと思います。

そして今回の内藤選手に対するインタビューにて。
今回はさすがに(つーか、相手が男性だからか?)敬語でしたが、
この人、チャンピオンベルト腰に巻いてました。

おいおい。

おいおいおいおいおいおい。

チャンピオンベルトって、タダのベルトじゃないですよ、
文字通り命がけで勝ち取ったものじゃないですか。
特に内藤選手の場合、屈折12年の末にようやく手に入れたベルトなわけです。

それをなんでアンタが巻くの?
理解できない。

ガキな亀田氏が傍若無人なら、
年寄りのくせに当たり前の配慮の出来ないみのもんた氏は厚顔無恥だ。
私にはこの二人が同じように見えます。



☆おまけ☆
うわ~
[PR]
by choyushi | 2007-10-12 11:05 | ニュースに発言 | Comments(4)
もえもえ
コンピューターで遊ぶネコ、ニューヨークで披露 | Excite エキサイト

や、もうこの画像だけで癒される。
うちのと同じ柄だし。
[PR]
by choyushi | 2007-10-11 15:58 | ニュースに発言 | Comments(3)