<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
びっくりだ
ドイツの政治家、結婚7年満期を提案 | Excite エキサイト

 [ベルリン 20日 ロイター] 2度の離婚歴のあるドイツのガブリエレ・パウリ議員(50)が19日、記者会見で選挙公約を発表し、婚姻期間を7年間と定めるよう提案した。これによると、期間満了後は夫婦の合意で延長され、そうでない場合は自動的に関係が消滅するという。
 この政治家は、ドイツのメルケル首相が党首を務める保守的なキリスト教民主同盟(CDU)の姉妹政党でバイエルン州を支持基盤とするキリスト教社会同盟(CSU)の党首選に立候補。投票は来週行われる。
 同議員は伝統的な家族観の普及を促進しているCDUを批判。「基本的なアプローチが間違っており、多くの結婚はただ安心感を手放さないために続いている」と述べた。


ずいぶん主観的な考え方ですな。
自分のことしか考えてない。
結婚というものから派生する、
家族や子供のことを微塵も考えてないところが怖い。
こんな考え方で法律決められたらたまらない。

まぁそれはともかく。
びっくりなのはニュースの内容ではなくて。
この議員さんのお姿。
これ、本当に議員!? すげえ! 日本とは質が違うぜ(主に顔とか)!!
まさかこの格好で国会出てるわけじゃないよな!(当たり前)
[PR]
by choyushi | 2007-09-21 20:27 | ニュースに発言 | Comments(0)
言うと思った
少女斧事件が影響?東海テレビがアニメ放送中止

アニメやゲームの主人公の女子高生が斧で人殺しをしたからって、
「私もやーろう♪」って思うやつがいるか。

このゲームの主人公は、あくまでも「父親思い」の女の子で、
だからこそ犯行を「せざるを得なかった」んだけどねぇ。

「斧」「女子高生」「父親の女性関係」という、
三段オチみたいな単語が一致するだけで、
影響があるとか言われちゃうんだなぁ。

……ああ、ウルトラセブンの12話の悪夢が蘇るぅ。


補足させて貰うと、
ひぐらしの趣旨は(それがメインかどうかはおいといて)
「短絡的な方法に頼らずに、一人でも多くの人に相談したら
自分では思いもよらないような解決方法が必ずある」
ということなんですよね。あとがきでも言ってたように……
そういうところを微塵も汲み取らずに、表面だけの猟奇的な表現のみを
やり玉に挙げられてるんだから、作者が気の毒でならない。
[PR]
by choyushi | 2007-09-21 14:55 | ニュースに発言 | Comments(37)
芸は身を助く
障害者狙った強盗、実は柔道熟達者で押さえ込まれる | Excite エキサイト

 [ベルリン 10日 ロイター] ドイツで、強盗が目の見えない男性からたばこを盗み取ろうとしたものの、この男性が柔道の熟達者だったために押さえ込まれるという珍事があった。警察が10日に発表した。
 警察のスポークスマンによると、同国南西部ギーセンの駅で、犯人のアジア系の17歳の男は33歳の目の不自由な男性に目を付け、脅した上で顔面を殴った。
 しかし、実はこの男性は視覚障害者柔道のワールドクラスの選手だった。
 攻撃を受けた男性は直ちに男を投げ伏せ、警察が到着するまで押さえ込んだという。

……表題は……ちと意味が違うかな(^^;)?
いやでも素晴らしい!
人の弱みにつけ込むような卑劣な犯人には正しい制裁を加えなければ!!

しっかし、これが日本ではなくドイツの事件(というか人物)というのが
なんとも感慨深い。
[PR]
by choyushi | 2007-09-11 13:30 | ニュースに発言 | Comments(0)
人間だもの。
興奮しすぎた!? 実況アナ前代未聞の途中降板

 延長10回、5時間4分の熱戦の末、巨人の自力Vが消滅した9日のプロ野球巨人−阪神戦(東京ドーム)。ラジオ実況中継でも大珍事が起きていた。興奮しすぎたベテランアナウンサーの声が途中でかれ、急きょベンチリポートを担当していた別のアナがリリーフ登板。グラウンドの熱気がアナもKOした?!

 声がかれてしまったのはTBSラジオの戸崎貴広アナ(44)。同局の「エキサイトベースボール」放送中、試合開始から約4時間20分が過ぎた10回表の午後10時23分ごろ、阪神の攻撃中に突然、咳き込み始めた。


 当初は、「6時間の実況経験もありますから」と話していたが、その後も咳が止まず、次第にかすれ声に。解説の田淵幸一氏(60)から、「お茶でも飲んで気合入れたら」と、助け舟も。


 だが、CMを挟んでも、咳は一向におさまらず、実況に戻る際には、「ゲホ、ゲホッ」と咳から始まる始末。


 とうとう10回裏、巨人の攻撃中に声が出なくなり、同10時38分、一塁側のベンチリポーターを務めていた土井敏之アナ(37)がリリーフ。試合終了まで実況を引き継ぐ異例の展開となった。


 この珍事に、インターネット上も“お祭り騒ぎ”。普段は誹謗中傷の書き込みが殺到する巨大掲示板「2ちゃんねる」上では、実況と同時に、「これじゃ無理じゃないか」「アナまじがんばれ」と異例の同情の励ましが書き込まれた。


 アナ交代直後には、「アナウンサーってすごいと思ってたけど今日ほど尊敬したことはない」「遠くで聞こえるゲホゲホが涙を誘う」など、温かいメッセージが多数書き込まれていた。


 戸崎アナは東京都葛飾区柴又生まれ。都立墨田川高校を経て、立教大学を卒業。1986年に入社、スポーツ畑が専門で、プロ野球のほか、フィギュアスケート、テニス、駅伝、サッカーなどスポーツ全般の実況経験があるベテラン。


 TBSラジオの番組担当者は、「戸崎は実況前から、体調に問題はなかった。ずっとハイテンションで実況していたため、ああいうことになったが、批判よりも同情や激励の声のほうが多く、恐縮しています」と話している。


 実況中にアナウンサーの声がかれて、交代することはまれだが、五輪など豊富な実績で知られる同局の“世界の松下”こと松下賢次アナ(54)にも経験があるという。「まあ、皆既日食のようなもの、とでもいいましょうか」と番組担当者は苦笑いしていた。一方、この日の日本テレビの中継(午後7−8時53分)は試合途中で放送を終了。平均視聴率9.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)にとどまった。


いやー、良い話です(笑)。
野球に興味のない私でも昨日の試合は10回で同点、延長と言うことで、
ネットでチェックしながら作業してました。

ところでインターネットでラジオって聞けます……よね?
未だにやり方が分からず、昨日も聞きたいと思いつつ結局
ネットの速報で阪神の10連勝を知ったんですが、
やっぱりラジオ放送を探し当てれば良かった。
[PR]
by choyushi | 2007-09-10 17:57 | ニュースに発言 | Comments(2)