<   2006年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧
ねこまんが53/理由(わけ)
宙明が怖がりなのにはある理由が……

4コマはこちら!
[PR]
by choyushi | 2006-03-31 09:46 | 猫の宙明 | Comments(6)
萌え死に3連発
実際「萌え」という言葉は嫌いだけどコレばっかりは萌えと言うほかないでしょう
( *´△`*)アァン

子猫の安眠妨害とそれに屈しない子猫

舐め猫

集団リンチ
[PR]
by choyushi | 2006-03-30 07:11 | mixiに発言 | Comments(4)
戦慄のメロディコール
今やほとんどの人が携帯を持っている世の中。そんな中で「携帯なんて電話できればそれでえーやん」というわけには行かないことはわかりきったことです。いろんなツールとして活用したいし、活用できるならそうすべきでしょう。カメラにしたり、メモ帳にしたりゲーム機にしたり。
それはそれでいいのですが。
どう考えても必要のないサービスってありますわな。
いや、自分は使わないから不要、というものではなく。
これ誰が使って、どう活用しろっていうの?っていうの。
どうも製作者側も「必要だから作った」ではなく「作れたから作ってみた」みたいなものが。
今回は、そんな「必要以上のサービス」が人を混乱に招き入れるというお話です。

この間、Iちゃんという友人から電話が来ました。「暇だから遊ぼ〜」と。
私はその時ちょっとした用事があったので、「今は無理だけど、3時間ほど経ったら時間が空くから、それで良ければ一緒にご飯でも食べよう」と言いました。
「じゃあ、用事が終わったら電話して」会話はそんな感じで終わりました。

で、用事が終わり、私が彼女に電話をかけると……
なにか……おかしい。
プルルルル…というコール音の後、誰かがボソボソと喋っているのが聞こえる。
しかも…何故かおじさんのような低い声だ。
かけ間違えた!?
と一瞬思ったが、先程彼女からかかってきた電話にそのままリダイヤルしたのだ。間違えたはずはない。
他の人が電話を取ったのか? 彼女の電話を別の人が使っているとか…(以前そういうことがあった)。しかし私に話し掛けていると言う感じでもなさそうだ。
あとは…彼女のバックでかかっている音楽かTVが聞こえているのか。それにしてはハッキリ聞こえるし、何より彼女の声がしない。
不審に思い音量をあげてみた……ら……

「ワシや。竹内力じゃ。まさかアンタの方からかけて来よるとは、思いもよらんかったのぅ…。なんぞワシに用でもあるんかい…? アンタには世話んなったからのぅ…。難儀なことがあるんやったら、いつでも力貸しまっせ…?」

いきなり何の脈略も無しに竹内力が出た━━━━━━Σ(|||▽||| )
c0005713_9101669.jpg
ギャ━━━━ス!!!!※画像はイメージです
なんじゃこりゃ!?と思いしばらく聞いていると、コール音の後に同じ言葉が流れる。4回ほど繰り返し聞いて、ようやく頭が働き出した。
分かった、これ、メロディコールだ。
メロディコールとは、「プルルル」という呼出音の代わりに、人気の楽曲や音を流すと言うアレ。CMでもやってましたね。
何故? 何のために? 自分の好きな曲を設定できると言うならまだしも、何故相手が勝手に設定した音を聞かねばならないのか。疑問点はそこにもあるんですが、まぁ今回はそのことは置いておいて。
これ、予備知識ないとかなりビビりますよ。仮に音楽が鳴ってもビックリしたと思う。それが竹内力って。テトリス始めたらいきなりレベル10から始まったような驚きですよ。てか初メロディコールが竹内力て! この時点でかなり高い難易度を要求されていませんこと!!??

ていうかね、
若い女性の携帯にかけたのにおっさんの声で対応されたら、私が男なら速効電話切る。

何度かけてもなかなか出ないので、仕方なく「頼むから電話に出てくれ!」とメール(←切実)。
約10分後にようやく彼女から電話が来た……
「ごめ〜ん、ちょっと外に買い物行ってた〜」
「あの竹内力はいったい何だぁぁぁぁぁ!!!」
ちょっと涙声。
「え……ああ、メロディコール!紫ちゃん何がかかった?」
「だから竹内力!」
「竹内やったか〜。よかったなぁ、まだマシや
「どういう基準でマシて言う!?」
「こないだまで稲川淳二やったねん。稲川淳二の怖い話が延々と流れるの
それはもっといやだぁぁぁあぁああ(号泣)!!

このように、メロディコールは場合によっては人を混乱に招く恐れのあるものです。使用には十分気を付けてお使いください……

ところで。
夕飯を食べながら彼女と話をしていたのだが、
「彼氏が欲しいけど、バイトもしてないから出会いの場がない」
と嘆いていた。
理由はもっと別の所にあるのかもしれないと思ったが、私には何も言えなかった……
[PR]
by choyushi | 2006-03-28 09:09 | 日記 | Comments(14)
戦慄のドラえもん
c0005713_931161.jpg
ど、ドラ……!(地元の女性用洋服店にて)
[PR]
by choyushi | 2006-03-27 09:03 | 日記 | Comments(10)
ねこまんが52/もっと踏んで
猫にもMがいる。そんなお話。


4コマはこちら!
[PR]
by choyushi | 2006-03-24 08:57 | 猫の宙明 | Comments(10)
ガラスの使徒と南極物語
映画を見るために朝早くから十三へ行ってきました。『ガラスの使徒(つかい)』を見てきたんだけど、う〜んもうひとつ。主演の佐藤めぐみさんが「演劇的な要素の強い作品」と言っていたけど、確かに舞台で上映した方が良い作品かもしれない。私何気にグロシーンの入った作品ってダメなんです。拷問のシーンはちょっと嫌だった。あれだけでマイナス評価。映画評論家にはなれんねぇ。

映画で満足できなかったので、もう少し十三をうろつこうとブラブラ。駅前にある喜八洲総本舗という和菓子屋さんでみたらし団子を購入。店頭に、ダウンタウンの「HEY!HEY!HEY!」で紹介されました、と書かれているんだけど、そのせいかどうなのか、いつも行列が出来てます。この日も4,5人程の行列が出来ていました。若い兄ちゃんがすごく不機嫌そうに団子焼いてた(笑)。少し焦げ目のつけた団子にたっぷりタレをつけて(タレ“に”つける、と言った方が正しい)5本で370円なり。
お昼を取ろうとうろうろしてたが、あまりお腹も減っていないのでがっつり食べる気もなく、おまけに喜八洲総本舗横にあるカレー屋さんも開いてなかったので、ぶらぶら歩いて紅茶庵に行く事に。なんせこのお店、営業時間が朝の11:00からその日の気分って、お前は香川のうどん屋かって言う程アバウトなので、時間に余裕のある時しか行けません。おまけに駅からちょっと遠いので(歩いて10分程かかりました)、今日を逃したらなかなか行く機会がないと思い、一念発起(行き当たりばったりとも言う)、行ってきました。
c0005713_173714100.jpgHPを見る限りでは、これでもかというくらい怪しい雰囲気。さすがは十三、と思わざるをえません。が、お店の方は一見普通で、ジャズが流れる中で紅茶が楽しめる落ち着いた雰囲気のお店でした。それでも怪しい感は拭えないんですけどね。調度品がタイプライターと日本鎧だったりするし。
変わってるな、と思ったら、古くから残る蔵屋敷を手直ししたお店なのだそうです。だから飾っているのも、蔵から出てきた宝物。明治時代のものというから、なるほど西洋と東洋が混じっていても納得出来ようと言うものです。
パスタセットがあるみたいなのでオーダーしましたが、「今日はお料理を作っていません」とのこと。ケーキは?と聞くと、それもまだ作ってないと言われた。おいおい、お茶請けくらいは用意しておいてくれよ。看板に「紅茶だけのお店」とあったけど、本当に紅茶しかないんだな。しょうがないので『ダージリン・ファースト・フラッシュ』というのをいただきました。800円なり。……皆さんどう思います? 高いと思うか安いと思うかで、その人の紅茶度数がわかるというもの。実質2杯分あるんですけど、私の財布には正直きつかったです。ていうか、お茶請け何も無しですきっ腹に紅茶2杯はきっつ〜(><)! 2杯目を入れる頃にミルクを持ってきてくれるので、2杯目は少し違った味わいの物を楽しめるんですが、紅茶は紅茶だからなぁ。あ、でも紅茶自体は確かに美味しかったです。紅茶好きな人間だったらオススメかも。

1時間程ゆっくりした後フレンドリー商店街へ戻りぶらぶらしていると、スミレヤという鞄屋を発見。最近肩を壊してからまたバックパックを持つようにしてたんだけど、持ってる鞄が登山用みたいなゴツイのしかなかったのでスーツにも合わせられるようなバックパックはないものかと探すのが日課になってます。もともと鞄が好きなので趣味みたいなもんですが。
2買い建ての鞄屋さんで1階は革製品の高そうなものばっかりだったので(^^;)2階を物色していると、いい感じの鞄を発見。軽くて、A4サイズのバインダーが入って、お弁当箱を入れても傾かないだけの幅があって、ポケットがいっぱいあって、スーツでも違和感なさそうなシャープなシルエット。お値段も4200円とリーズナブル……(ネットで探していた時は2万円のとかしかなかった)
どうしよう。買おうかなぁ。お金ないんだけどなぁ。でもこれだけ自分の条件にあった鞄はそうそうないしなぁ……しばらく十三まで来る事もないし……鞄はどちらかと言うと早急に欲しいし……
散々悩んで、結局購入しました。レジでお金を払ってる間、「大丈夫、大丈夫、絶対後悔しない」と自分に言い聞かせてました…とほほ。

時間が有り余っていたので、母親に連絡を入れ、地元で映画を見る事に。『南極物語』見てきました。高倉健主演のものは見てないんですが、散々TVで宣伝してるのを見て大体な内容は把握しておりました。なんでも、ストーリーはほぼオリジナルで、犬達はかなり生き残るとのこと。う〜ん、まぁ昔の焼き増ししてもしょうがないとは思うけど、だったら『南極物語』って銘打たんでもええやん?
まぁいいや。映画の方は、こちらは面白かったです。噂の犬の演技も素晴らしかった。でも、泣ける!って程でもないなぁ。犬は何匹かは死んでしまうんですけど、死の描写があっさりしてるというか。
ディズニーは、極力犬を殺すのを嫌がったそうですね。だから元の『南極物語』ではタロ、ジロしか生き残らない所を、大幅に生き残らせるシナリオに変更したとか。さすがは子供に夢を与えるのを目的としているディズニーですね。でも、だったらそもそも『南極物語』を作ろうと思うなよ。残酷なのか優しいのかさっぱりだ。映画で犬が死ぬシーンにしても、必要以上に長くする事はないかもしれないけど、あっさり描いてしまったらそれこそ死が軽いもののように感じてしまうのと違うか?
何が残酷で、何が残酷でないかと言うのは非常に難しい。ディズニーアニメの代表作に、『ミッキーマウスの魔法使いの弟子』という作品があります。これにミッキーが生きてる箒を斧で叩き潰すシーンがありましたが、残虐性を出さないための配慮か、直接ミッキー達の姿は映さずに壁に映った影でシーンを表現していました。が、私はかえってその方が想像力が刺激されて残酷なシーンに見えました。
どうなんでしょうねぇ。私が特殊なんでしょうか。
ま、それはそれとしても、いい映画だったのは変わりないと思うんで、未見の人は是非見てください。

そうそう、何気に気になってた野球の動向。母親に聞くと「勝ったよ」と言われたのに信用せず(笑)、知り合いにメールで確認。
「野球、勝ったの?」
「勝ったね〜」
おおお、本当に勝ったんだ。すごいすごい。イチローかっこいい<オンリーかよ
で、朝のTVの予想では日本が8点取って…とか言ってたから「それはいくらなんでも欲張り過ぎやろ〜、3対2とかがいい方ちゃうか?」とか思ってたんですが、点数を聞いたらまさかの10対6。すごい〜(@。@)

c0005713_17364960.jpgさてその後、友人から連絡を貰っていたので、彼女の家で夕飯を食べる事に。1年ぶりくらいなんですけど、彼女の飼ってる犬達も相変わらず元気そうでした。でも彼女を取り巻く環境はずいぶん変わっていて、本当人間、生きてるといろいろあるなぁと痛感しました。
内容がヘビーなのでここでは書けませんが、他には「今まで会ったチカンの話」とかしてました。なんつー話してんだよ。
[PR]
by choyushi | 2006-03-22 17:35 | 日記 | Comments(2)
キッパリ!
半年前に入った新人さんがこの度辞める事になりました。
正式発表はまだなんですが、先日会社の人たち4,5人で飲みに行った際聞かされました。
他の人は知ってたんですが(同じ部署で働いてるから)、私は完璧に寝耳に水。それでも会社の中では2番目くらいに聞いたと思うんですけどね。それくらい急な話だったみたいです。実家の問題とか、いろいろ絡んでの事だったらしいです。
で、これが最後の飲み会になるだろう、ということで、これを期にいろんな本音を言ってもらう事にしました。
彼は今本社の方で働いているんで、「誰某がむかついた」とか聞くと「面白いなぁ」と思ってしまいます。えーと、むかつくっていうのが面白いんじゃなくて、私は普段ごくごく限られた人数(ぶっちゃけ、私と常務の二人だけ)の中で仕事をしているので、気にくうとか気にくわんとかいうレベルではないんです。そこまでいかないというか。でもさすがに人が多いといろんな摩擦があるものですな。
私の事も「最初は腹がたった」と言われました。わははは! そうでしょうねぇ(^^)。2,3ヶ月間程仕事教えてたんだけど、私言い方きついからなぁ。いつも機嫌悪いし。「今はそうでもない」とは言ってもらいましたが、それはね、傍にいないからですよ。実際私でも嫌だろうなぁ、こんな気分屋と一緒にいるの。
多分彼からしたら、macの操作を教えてもらうにしても「そんな言い方せんでもいいやろう」と思った事多々あったと思います。だって私、自分で言っててそう思ってたもん(笑)。だけど、誤解を恐れず言うと、私は「教師」じゃないからね。教えるためのノウハウなんて知らないし、そのための努力をしようとは思わない。私としてはさっさと私のレベルまで仕事できるようになってくれればそれだけでいいし、そのために私が嫌われても全然かまわないと思ってた。
でも、ムカツクならムカツクでハッキリ言った方がいいんじゃないかな。私は確かに仕事の先輩だけど、人生の先輩は彼の方なんだから、「今の言い方は女性として問題がありますよ」くらいの事は言って然るべきだと思う(正論だし)。ま、そこまでハッキリ言わなくても、自分が相手をどう思っているかは、暗に相手に伝えた方がいいと思う。でないと、後から「あの時は実はこう思ってた」と言われる方がショックだったりするからね。
あ、別にこれは彼にそうして欲しかった、という事ではないんです。「あの人あんな事考えてたんや、ショック!」と感じるほど他人に興味ないし(^^;)、多分そう思ってるだろうなという察しはついてたし(笑)。
私は誰に対してでもハッキリキッパリを望んでしまうんですねぇ。私自身、白黒ハッキリつけたがる人間だから、どうしてもそう思ってしまうんですよね。高校の時先生に言われた言葉を思い出します。「お前みたい(教師に向かってでも)ハッキリ言える人間ばっかりじゃないんや」って。分かるけど〜ヽ(`ε´)ノ 分かり易い方がいいやん。相手の心を憶測するのって面倒臭い〜
一番問題あるのはやっぱり私だな(^^;)。

あ、この記事は別に愚痴ではないです。彼に言いたい事でもないです。大体の事は飲み会の時に直接言ったし、私としては彼を教える事で自分の足らずもいっぱい見えたからいい勉強になりました。
[PR]
by choyushi | 2006-03-20 23:46 | 広告業とmacの話 | Comments(2)
ボッコボコにします
c0005713_119677.jpg日本人初のミドル級世界王者に輝いた元ボクサーの竹原慎二さん
ちょっと前に『ガチンコ』の「ファイトクラブ」という企画で少年達にボクシングを教えて以来様々な番組で活躍するようになったので、御存じの方も多いと思います。
Yahoo!JAPANの月刊チャージャーというサイトに竹原さんのボコボコ相談室というコラムが載ってます。コラムって言うのかな? 題名の通り、サラリーマンの悩みや相談に竹原さんが答える…という主旨のものなんですが……
普通、こういった「相談室」と銘打つのって「さぁ、私が悩みを解決してあげましょ」って感じのものが多いですよね。ていうかそういうの想像するよね。
でもこれ、どっちかというと相談者の方を叱咤してるんですけど(^^;)。
しかし言ってる事は真っ当なので読んでて面白いです。実際、「あれが気に喰わない」「これに困ってる」という人には「周りを変えるより自分が変わった方が早い」というのが当然といえば当然。こうやって強烈なパンチをかましてくれる目上の人とか、親とか、先輩とかが、今の人にはないのかもしれませんね。

まぁ本当に気になるのはこっちのコレジャナイロボ THE STORYなんだけどね。
[PR]
by choyushi | 2006-03-20 11:09 | ニュースに発言 | Comments(2)
次回猫ツアー告知
c0005713_21251571.jpg寒いにゃ。
三寒四温だかにゃんだか知らないけど、吹雪になるなんていくらにゃんでも寒すぎだにゃ。
しょうがにゃいので宙明は飼い主が脱ぎ捨てたパジャマと抜け出した布団の隙間にすっぽりはまって寒さをしのぐとするにゃ。

さて、告知ですにゃ。
来月8日土曜日に東京での猫ツアー決行が決まりましたのにゃ。
飼い主たちは宙明を置いて、
7日の晩に夜行バスで新宿へ向かい、谷中で花見→『ねんねこや』『乱歩°』→渋谷→下北沢→最後は町田の『ねこのみせ』でまったり、というコースを取るそうにゃ。相変わらず強行。自分たちの体力を考えてるのかにゃー。
「翌日休みだから大丈夫なんです」
そういう問題ではないと思うんだがにゃ。
で、今回は参加者を募るそうにゃので、お気軽に声をかけてくださいにゃ。
コメントorメールorメッセージにゃんでもOKにゃ。
もちろん東京から参加もOKにゃ。
お問い合わせは19日までにお願いしますにゃ。
[PR]
by choyushi | 2006-03-19 23:59 | 猫の宙明 | Comments(6)
パラリンピックはどうした
c0005713_1326109.jpg冬期トリノオリンピックは盛り上がりに欠けた。それでも荒川選手が金メダルを取った途端「価値ある金」と称されTVはオリンピック一色になった。
にも関わらずだ。その興奮が覚めた途端、あっさりとオリンピックの話はなしのつぶて。トリノのトの字も出て来ない。確かに冬期オリンピックは終わったよ。だけど、パラリンピックはまだやってるんだぞ。失礼な扱い。これが日本の国民性だと言うなら情けないと言う他ない。
WBC? そりゃ面白いよ。私だって王ジャパンの行く末が気になってしょうがないさ。
どっちの方がすごい、どっちの報道が異義があるというつもりはない。しかしパラリンピックの選手たちは「金2つ、銀5つ、銅1つ」という確かな成果をあげているのだ。もっと公平に報道してもいいじゃないか。

写真は毎日新聞から。(アルペン大回転女子座位で1位となり、ガッツポーズをする大日方邦子選手=セストリエールで17日、佐々木順一写す)

障害者スポーツのクリック募金はこちら(JOMO)。
[PR]
by choyushi | 2006-03-19 13:19 | ニュースに発言 | Comments(2)