カテゴリ:日記( 124 )
あきらめたら負け
うちの新商品開発のコンセプトは
『世の中にないものをつくること」。
以前は、私が多くのアイデアを出し、
社員が形にしていました。
その中には社員が取り組む前から
「できるわけない」と感じるものも
あったようです(笑)。
10年前から、毎朝、
社員全員で勉強会をしていますが、
そのせいか最近では、
いろんなアイデアが自由に
出てくるようになりました。
あきらめたら負けです。

(株式會社かわかみ 代表取締役 川上 大雄)

企業向けのミニコミ誌ですが『b platz press』
で書かれていた、企業の代表の言葉。

「あきらめたら負け」ってのは
青年向けの漫画でよく見られる表現だし、
一種の真理だけど、大人になると「あきらめも肝心」
「リスクとデメリットも考慮に入れて」と、
案外すぐに負けを認める人が多いなぁ、と、
ニュースの日記などを見ていると思います。

普通なら憤るべき場面を、
「まぁしょうがないね、そういうものだからね」
と訳知り顔で悟ったようなことを書いている人を見ると、
「ずいぶんと寂しい価値観の人だなぁ」と思ってしまいます。

単純に「あきらめるのが良くない」とは思いません。
でも、本当にやるだけのことをやったのか、
その手間や時間を惜しむだけの価値はないのか、と考えると
どうもそうではないことにすら、あきらめているのではないかと。

脊髄反射で「無理無理」と言ってる方が
ポーズとしてかっこいいから言ってるのではないか
と思ってしまう事例が多々あります。

こんな、単純でシンプルだけどアツい言葉を、
企業の代表が口に出しているというのが、
(雑誌向けのポーズかもしれないけど)
ちょっと意外で、感動したので
覚え書きも兼ねて書いておきます。

こういう真っ当な言葉は、
定期的に自分の内に入れないようにしないと
どんどん人間不信に陥ってしまう。
こればっかりでも腐るけど。


おまけ。

ところでこの雑誌の編集後記に、

「日本にある自動改札機は
切符や定期券をどんな向きに入れようと
必ず同じ方向に出てくる。

ATMも、画面の視認性、文字の大きさの選択、
テンキーの操作、騒音、熱、高さ、
お札が出る角度のほか、
ほこりがたまりにくく掃除しやすいといった
メンテナンスのことまで考えて
デザインされている。

日本の製品は海外のものに比べて
内部の見えないところまでこだわって
つくられているそう」

だとありました。

だったら社食のカード発行機も
スムーズにお札を読み込んで欲しい…orz
5回くらい戻ってきたことあるぞ。

それとも日本製じゃないのかしら?
発行機の製造場所なんて考えたことももなかったなぁ。
[PR]
by choyushi | 2011-02-10 10:05 | 日記 | Comments(1)
筆箱のトークショートかいろいろ行ってきましたよ
2月14日に東京に遊びに行きました。
「バレンタインに東京行きなんて、もしかして遠距離恋愛?」と
素敵な勘ぐりしてくれた友人もいましたが、
東京カルチャーカルチャーで開催された筆箱のトークショー
見に行くと言ってもわかってもらえませんでした。
人によっては「FUDEBAKO」ってユニットがいるの?という
すごい深読みまでしてくれる始末。なんだよ、FUDEBAKOって。ありそうじゃないか。

いつも通り夜行バスで東京まで着いたら、北海道から来てくれた一番星さんと合流。
渋谷に向かい、博士と合流したあとは、ご飯を食べたりあちこち連れて行ってもらったり。

上野に行くと、あちこちで美術関係の催し物をやっていたんですが、
デザイナーのくせに美術関係に感心の薄い私はあまり食指が動かない…
しかし国立図書館で『童画の世界』という展覧会をしていたので
見て行ってみました。こういうのは好きなんだよな。

大体大正時代から昭和の初期、大戦直前までの童画や子供向けの雑誌が
展示されており、日本のイラストの歴史や時代によっていろんなものが
変わっていく様がかいま見れて興味深かったです。

夕方になったのでお台場まで向かうと、
近くの会場で『70年代懐かしのスーパーカー展』というのが
開催されていました。
c0005713_18361814.jpg

博士の年代にはピンポイントの催し物だそうなので、
時間もあることだしと見に行ってみました。
c0005713_1837240.jpg

スーパーカー。
スーパーカーといえばジャッカー電撃隊。
見てる間、脳内に主題歌がエンドレスで流れてました。
あとトリプルファイターとか。
c0005713_18373126.jpg

思ったより盛りだくさんの内容で、
30分程度ではゆっくり見て回ることが出来なかったんですが、
とりあえず時間になったので会場へ移動。
c0005713_18375777.jpg

今回はダメ文具ではなく、筆箱のイベントということで、
道具スキーな私や博士はともかく、一番星さんは楽しめるかな?と思ったんですが、
なんていうか“やっぱり”面白い文具が目白押し。
c0005713_18382471.jpg

“物”っていうのは、“存在するだけ”だとただ「キレイ」「気持ちがいい」というだけである程度の形や機能は決まってしまう物なんですが、それが“道具”となると、「使う人間の人生」が組み込ます。それを理解するにはその人の人生を理解する必要があって、それを知らずに道具だけをピックアプして見てみると…
大変面白いことになるわけですな(笑)。
とりあえず、「なんで持ち込みの筆箱でツタンカーメンがカブるんだ」とか
「これがあの伝説の像が踏んでも壊れない筆箱か」とか
盛りだくさんの内容で楽しめました(^^)。
c0005713_1838508.jpg

一つだけ残念なのが、自分の筆箱を持って来れなかったこと。
予想以上の筆箱が集まったということだったけれど、
いざ他人の筆箱を見ると私のも披露したくなってしまった。

イベントの後は、六本木へ移動して
射撃酒場『ホローポイント』さんに行ってきました。
東京、それも六本木という土地柄からか、
超趣味丸出しのコンセプトにもかかわらず
思ったより落ち着いた雰囲気のバーでした。

とりあえずせっかく来たので一度は撃ってみるかもね、ということで
ガバメントハイキャパ5.1というマルイの銃を撃たせてもらいました。
c0005713_18412343.jpg

銃は好きだけど持ってないし、実はあまり撃ったことがなかったんですよね。
c0005713_1842772.jpg

それでもご覧の結果。マルイの優秀な銃のおかげと、
やや短めのレンジ(銃を撃つスペース)のため
初心者でも楽しめるくらいの難易度になっているのではないかと感じました。

もっとも、後から入って来た男女のお客さんで女性の方が撃った時に
「きゃぁあん、当たんない〜」って騒いでましたが。
銃を持ってるくせに悲鳴を上げる…違和感…

さて、翌日は現地の友人一人がさらに合流して、
日比谷のテオ・ヤンセン展へ〜♪

…と思ったら閉まっとる!!

なんで? 4月半ばまでやってるはずなのに…と思って
近づいてよく見てみると、「2月15日のみ施設点検日の為お休みです…」
よりによって日曜日にするなよ!!
何そのゴルゴ的にピンポイントな落とし穴。

しょうがないので博士の提案で秋葉原に行ってみることに。
人生初秋葉原です。正直、もっと気持ち悪い感じかと思ったのに
案外綺麗に整備されていました。ちぇっ。

もっとも、博士に連れて行ってもらったフィギュアが
ぎょうさん売られているビルはすごいごちゃごちゃしてて
「やっぱりオモチャ売ってる空間はこうでなくちゃね」と思いました。

お昼をヨドバシの上で鎌倉パスタを食べた後は、
本屋に行って博士のススメでハンドウェポンの本を購入。
使命を果たした博士はそのまま帰って行かれました…

その後は私の新幹線の時間まで3時間ほどカラオケ。
アキバでカラオケ。ある意味正しい選択とは言えまいか。
c0005713_18443144.jpg

二人と別れて東京駅の改札を過ぎ、電車に乗ろうかと思ったのですが
まだ時間があったのでホームに出ているお土産屋さんで
お土産を買おうと見てみると、『メイドクッキー』とやらが売られていました。
アキバに行った記念も兼ねて、お土産に帰って帰りました。

おまけ。
c0005713_18435299.jpg

c0005713_1844462.jpg

日比谷にあったゴジラ像と、その足下に広がる著名人の手形。
健さんの手形とか文太さんの手形とかを嬉々として写真撮ってたら、博士に
「貴女の(男性の好みの)ストライクゾーンがイマイチわからない」
と言われました。

いやー文太さんはついこの間、CFPで
『ダイナマイトドンドン』を見たばっかりだから、と答えると
二人とも当然のように知ってた。
まあ、絶対知ってると思って言ったんだけどさ。
[PR]
by choyushi | 2009-02-17 18:39 | 日記 | Comments(2)
愛は人を殺す か
幼なじみが自殺した…

という事実を死後3年目にして知りました。

お互い引っ越していて、疎遠だったというのもありますが、
去る者は日々に疎し。こういう機会でもなければ久しい友人の消息など
聞かないのが普通なのかもしれません。

死因は、女性関係…らしいということですが、
32、3の男盛り。いかな奥手のH君であっても、
その気になれば代わりなんていくらでもいるだろうに…

半分冗談とはいえ、彼のお母さんから「うちに(嫁に)来んかな」と
言われたことのある私としては、返す返すも無念でならない。
私が嫁に行っていたら、彼が死ぬことはなかったのだろうか…

それでなくとも、世の中には異性なんて一杯いるのに…
本当に嫌になるくらい一杯になるのに。
もうウザイ!って思う程一杯いる人間の中で、
どうしてこう人は孤独なんだろう…
孤独な死を選んでしまうんだろう??
暗い車内で、誰にもみとられず、死が彼を蝕んでいった様を
思い浮かべるたびに、なんとも嫌な気分になる。
切ない気分にさせられる。

人間なんて、生きて幸せになったモン勝ち。
そう思っている私には、途中で生を放棄するのは「もったいない」。
辛いことも、楽しいことも、生きてこそだから…

世の中には辛いことが一杯ある。
はっきり言って異性問題で死ぬ必要なんてこれっぽっちもない。
命かけるほど立派な相手などこの世にいるわけないと思うし…

だから。
病気だったんだな、と思うことにする。
自分ではどうしようもない、巨大な病という敵に
戦って負けてしまったんだな、と思うことにする。
病気のせいにしてしまえば良いじゃない。そうでないと…

お世辞にも友達が多いとは言えない私の周りで、
どうして二人も自殺者が出てしまったのか。
まともに考えたら、やるせないよ。やっていけないもん。
[PR]
by choyushi | 2008-09-24 12:25 | 日記 | Comments(2)
寒い季節にサカムケア
年末調整で死ぬほど忙しいです。
それに伴い紙を取り扱う機会が増えているので、
なんだかやたらと指を切る。

紙って切れ味悪いので大した傷じゃないのに結構痛みます。
で、痒くなって無意識にかいちゃってなかなか治らなかったり。
絆創膏を貼るほどの傷じゃないだけに対処の方法に困ります。

そんな私に母が勝ってきてくれたのが小林製薬のサカムケア。
「塗る絆創膏」とコピーにありますが、ようするにアロンアルファです。

ええっ、アロンアルファなんて傷口に塗って大丈夫なの、と
思うんですけど、アロンアルファ自体が元々は医療のために開発された
瞬間接着剤らしいですね。

私が小学校の時にも家にあって、擦り傷切り傷を作ったときに塗られたんですが、
とにかくしみる!!!
新手の虐待かと思いました(笑)。

結局、「広い傷口に塗らない」ことと
「無理にはがさない」ことが大切なんですけど、
特に二つ目は子供は守れません。
ちょっと端がべろべろになってきたら、すぐにはがしちゃう。
だからあまり効果がなくて、使わなくなったんですけど、
今になって使ってみるとこれが超便利!

無理にはがそうとしなければ結構長持ちしますし、
しみるのは最初の時だけ。
あとは自然治癒に任せる訳ですから、
傷跡も残らずに1日2日程度ですっきり治ります。

むき身だと当たったりひっかいたりして、
結構長続きしちゃうんですけどね。

絆創膏みたいに蒸れたりずれたりはがれたりしないし、
付けてる間気にならないのも良い。
そんなわけで、今年の冬は会社用に持ってきてしまいました(笑)。

逆剥けなんかにも効きますんで、
これからの季節は重宝する人も増えると思います。
ご家庭に一本(^^)。

あ、別に小林製薬からマージンは貰ってませんから(笑)。
[PR]
by choyushi | 2007-12-21 18:17 | 日記 | Comments(0)
文房具は大人のおもちゃだ
いや、別に文房具を使ってどうこうと言うことではなく(何を言ってるんだ)。
文房具ほど楽しい玩具はないですよ!

もちろんイロブンのような
破天荒な文房具も大好きなんですが、
普通の事務用文具も大好きな私です。

で、好きなお店は文房具・雑貨屋・本屋の私にとって
(ブティック?ファッションストア?ナニソレ)、
会社の近くの大阪会場ホールで催されていた文房具のイベント
まさに天国!

平日二日間だけの短い期間でしたが、最終日の昼に
昼食の時間を削って見に行きました。

オフィス街で催すイベントですから、
内容はごくごく普通の事務用品の紹介・説明。

それでも良いんだ!いろんな文房具のメーカーが新作を携えて、
詳しい説明と商品サンプルをくれるだけ満足なんだ!
本当にそれだけの他愛のないイベントだったんですが、
めちゃくちゃテンション上がってました。

事務用品と言っても、ボールペン、ノート、消しゴム、ノリ、ハサミ、
修正ペン、修正テープ、ホッチキス、封筒等のスタンダードな文具以外に、
防犯グッズなんかも置いてました(コクヨも取り扱ってるのにはびっくり)。

オフィス用品(椅子やテーブル、机など)からは個人情報保護に基づいて
オートロックで鍵はカードという収納家具とか、
万年筆のメーカーからは普通の蛍光ペンや、DAKSのペンケースや
何故か梱包用の発泡緩衝材を紹介されました。(私に言われても……)

目的としては先述したとおり、
オフィス街の人に自分のメーカーの文房具を紹介すること、
つまり、企業向けにうちの製品使ってくださいという事なんで、
当然それを前提に喋ってくるので
私のようにタダの趣味で見ている人間にはちと辛い物がありました……

でもブースに来てる説明員の人も結構積極的に話しかけてきてくれたりして、
中にはなかなか面白い人もいて面白かったです。
次はもう少し破天荒な文具も持ってきて欲しいなぁ(笑)。

変わった商品も少し紹介されていました。
脱着式で、簡単に抜けるので力の弱い人でも
紐の方から引っ張らないで抜けるコンセントとか、
後ろの部分を取り替えて左利きにも対応できるカッターとか、
ノック式のサインペンとか、自分の用事の他に上司の予定も書き込める
「BOSS」の項目がある手帖とか(笑)。

スタンプラリーがあって最後に景品をもらったんですが、
普通のボールペンではなくてゼブラの携帯用のボールペン&蛍光ペンでした。
そうでなくちゃね!

いや〜、興味のない人には「なんでそこまで楽しそうなんだ」
って思われるかもしれませんが、万年筆や高価な手帖ではなく
庶民レベルの文房具大好き人間なので、今回のイベントは
たった1時間足らずの短い時間しか堪能できませんでしたが
すごく楽しかったです! またやって!!
[PR]
by choyushi | 2007-10-18 18:16 | 日記 | Comments(2)
pasumoに比べてpitapaはカスだ
<パスモ>8月まで発売制限 想定超える人気で

カードで売り切れって凄いね。
よっぽどデザインが素晴らしいのか、利用価値が高いのか。
利用者もバカじゃないから、利用しやすいんだろうなきっと。

大阪の人間で、pasumo自体を見た事がないので推測ですが、
なんでそう思うかと言うと、
大阪の市営地下鉄のpitapaが余りに役立たずだから。

詳しくはpitap使えねーの記事をどうぞ。
[PR]
by choyushi | 2007-04-11 14:41 | 日記 | Comments(2)
pitapa使えねー
えー、ローカルな話ですが、最近ようやくPitapaが
定期券サービスを始めまして。
今まではなかったんです。その時点でもう信じられませんが。

で、私も定期をPitapaと合体させようと思い
申請しに行ったんです。
そしたらね、夜の8時までしか
受け付けてくれないんだそうです。

ざけんな。お前今めっちゃ使用の電話しとったやろ。
組んだ足から素足見えとるっちゅーん。
暇なら働け。機械は8時に止まる事はない。
人間様がさぼっとるだけじゃ。自動改札口が出来て
お前らめっちゃ暇そうやんけ。つーか今まさにそうやんけ。
とは思いましたけどね、まぁそれはまだしょうがない。
その次に信じられない言葉が私の耳を打ちました。

「でもお客様の定期券だと、Pitapaと合体できませんね」
「は? 何でですか?」
「やろうと思えば出来ますが、1区間しか出来ませんし、
今のほうが安いですよ」
「は??? どういう意味ですか?」
「つまりね、お客様の定期券は南大坂から難波に出て、
難波を通過駅として本町に出ていらっしゃいますね」
「はい」

「Pitapa定期券サービスはこのどちらかの区間でしか
利用できないんです」


みなさんどう思います?私は耳を疑った。

つまりなに?どこかを経由して定期を利用してる人間は、
Pitapa定期券サービスを利用できないって言うこと???

ナニソレ。意味わからへん。
そもそもPitapaサービスに定期券機能がついてないという時点で理解不能だったけど、ようやく定期券が利用可になったと思ったらこのどんでん返し。
定期券サービスが受けられへんのやったら、私がわざわざminapitaカードを作った理由が全くないんやけど。
欠片もないんやけど。
一遍の利用価値も存在理由もありませんが。
つーか個人情報返せ、この詐欺師が!

あのな、ICOKAですらまだましやったぞ。
あれは前払いでキャッシュカード機能もなかったけど、
もともとそんな不要な機能いらんし、
南大坂からでも京都まで行けるよ。

そんで必要な人だけ、もっと多彩な機能が欲しい人だけ
キャッシュカードを契約して、それ以上の特権を得ると。
非常に分かりやすく使いやすい。

Pitapaは何?何が何でもキャッシュカードを作らせるくせに、
定期券は使えません、使えても難波まで、
大阪市内の人は大阪から出られずに、
挙句の果てに乗り越し機能も中途半端ときたもんだ。

エリア拡大とか言ってPitapa使える区間だけは神戸まで伸びてるくせに、
端から端まで利用しようと思ったら「すいませんできません」じゃ
それ詐欺って言われてもおかしくないやろ??
なんのためのエリア拡大よ。客引きのためだけか。
フザケンナ。

客が何を欲してるか、どうすれば客を満足させるか、
ちょっと考えれば分かることだろう。
別に客やからって偉いとは言わん。
でも電車を走らせてる人たちだって、
「俺らが乗せたってるんじゃ」ってわけでもないだろう。
そういうのは五分五分のはずだ。

だから私たちが不正もせずにちゃんと
料金を払って定期的に利用する代わりに、
鉄道会社はそういう人たちに利用してもらいやすいように
Pitapaとかを作るんとちゃうのか?

これやったらまだ自殺願望者を挽き殺して
ダイヤを乱すJRの方がまだマシや。

客のこと考えるのが嫌やったら、
中途半端なサービスなんて止めてしまえ。
ええ加減にやられる方が迷惑じゃ。
適当に貨物列車でも走らせとけ。
[PR]
by choyushi | 2007-04-10 01:24 | 日記 | Comments(0)
ありがとうさようなら
ねこまんがの更新が滞っております。
というのも、先日会社を辞めまして。
昨日は皆で飲みに行ったりしてまして。
今も少々ばたついております。
ねこまんがはちょっと更新がずれるかもしれませんが、ご了承ください。

さて、会社を辞めたことを契機に、このブログも終了しようかと思っています。
……ま、ぶっちゃけ、容量が少ないのにいい加減嫌気が差してきたのと、もろもろの事情で他のブログに移行したいだけです。
当ブログは削除しようかとも考えましたが、読者様方のありがたい書き込みまでなくしてしまうのは忍びないので、このまま置いておくことにします。
新しいブログはそう遅くないうちに当ブログでも告知します。
長らくのご愛顧ありがとうございました。新しいブログでもよろしくお願いします。<(_ _)>
[PR]
by choyushi | 2006-08-19 10:15 | 日記 | Comments(12)
北海道へ行ってきました
と、いうわけで、お盆の期間中、北海道へ旅行に行ってきました。
北海道は……美味かったよO(≧▽≦)O !!
c0005713_14144928.jpg
               ラーメン食って……
c0005713_14151811.jpg
               スープカレー食って……
c0005713_14155536.jpg
               お造り食べて……
c0005713_14162717.jpg
               日本酒(絹雪)飲んで……
c0005713_14165746.jpg
               日本酒(千歳鶴)飲んで……
c0005713_14172451.jpg
               ビール(サッポロ)飲んで……
c0005713_1418106.jpg
               日本酒(男山)飲んで……
c0005713_14184389.jpg
               やっぱりビール(キリン)飲んで……
c0005713_1419994.jpg
               ジンギスカン食べて……
c0005713_14193068.jpg
               カニも食べて……
c0005713_14195113.jpg
               メロンも食べて……
c0005713_14202451.jpg
               ペンギン……(*´△`)ハアハア
c0005713_14222891.jpg
               アイスも食べて……
c0005713_1424661.jpg
               トウモロコシ食べて……
堪能してきました!!

北海道でお世話になった一番星さん、tamakitiさん、本当にありがとうございました!!
c0005713_14253654.jpg
               カルビ君また会おうね~ヽ(=´▽`=)ノ
[PR]
by choyushi | 2006-08-16 14:21 | 日記 | Comments(8)
広島の空
8月6日は一般的には原爆の日でありまして。
なんでも今年からですか広島の小学校では8月6日に平和登校日として学校に行かなければいかなくなったとか。ご苦労な事です。
と言いたいところですが、「今まで言ってなかったの!?」と言うのが正直な感想です。
何故かと言うと、私の通っていた小学校ではすでにあったからです。毎年、夏休みの最中、8月6日には学校に行って、黙祷して平和についてビデオ見たり話をしたりして帰ってきてました。
それが普通だと思ってたんですが、違ったんですね。
広島の学校の姉妹校とかではないと思うんですが、うちの学校が何故平和登校日をすでに設定していたかはわかりません。子供たちはどういう気持ちで登校していたんでしょう。私は誕生日が原爆の日であると言う事はずいぶん前から意識を持っていたし、そのおかげで戦争に対する意識も人より強いと思います。でも他の人はそうじゃないわけで。むしろ夏休みの1日を潰されるわけで(^^;)。
悪い事じゃないと思います。でも意識的にどうなでしょうね。かえって鬱陶しい日だと思われてしまっては意味がないわけで。その辺の事、先生各位には十分考慮の上で実行してほしいと思います。
[PR]
by choyushi | 2006-08-06 22:30 | 日記 | Comments(8)