カテゴリ:特撮とぬいぐるみ( 63 )
カーク・レイナート来日!
c0005713_2338997.jpg先日、『HAPPY NEWS』と言う本を購入した話を書きましたが、清算の時ふとカウンターを見ると、「カーク・レイナートサイン会」のチケットが目に飛び込んできました。
ええええ!?カーク・レイナートってあのカーク・レイナート!?
私も画家さんはそんなに詳しくありませんが、以前ARCHの会員だった頃この人のポスターを貰いまして(左の絵です。作品名は『スナグルバーニーズ』)、その色合い、そして可愛いウサギの親子に見事にノックアウトされてしまい、今はベッドの脇に飾っているのです。
こここここれはいかねば!!なのです!
作品はあまり知らないけど、大好きな作品が曲がりなりにも手元にあるし、なによりご本人カッコいいし!!!(をい…)

さて。
カーク・レイナートと言っても、ラッセンシム・シメールほどメジャーではないと思うんで、説明をさせていただきますと、昔は女性(精霊、天使)、ユニコーンを経て、今はウサギなどの小動物を主体とした風景画家(オーロラ画家の第一人者)として活躍しています。作品はこちらを参考に。
作品は最近の作家さんに共通の版画(シルク・スクリーン)なのですが、氏はさらにそれに手を加えて、例えばオーロラなどは版画の上からさらに一枚一枚、一筆一筆、色をつけて、立体感を出すようにしています(実際特殊な絵の具を使っているらしく、絵の角度を変えるとオーロラが浮き上がって見える)。また、天然ダイアモンドを作品に取り入れるのが好きな人で、星やきらめきなど、光の中心にダイヤがポツリと貼り付けられたりしています。だからこの人の作品はポスターやジグゾーパズルだけでなく、版画展を見に行くとすごく感動させられます。

そんなわけで、約2年ぶりに版画展(今回は原画が来てなかったみたいだし……)に行って来ました。あいっかわらずゆ〜っくり絵を見る人間なんで、お店の人が寄ってきて困りました。絵にこだわりを持つ人間は、カモに見えるんでしょうね〜。でも私、お金ないですから!
最初に寄ってきた人はホストみたいなにーちゃんでした。てか、なんで絵の販売員の男性ってあんなにホストっぽいんだろう……? その後に寄ってきたのが、やたらとオーバーリアクションの女性。原画展とか見始めた当初はこういう人が来ても生返事を返してたもんだけど、絵のことを聞くと作家さんの情報や最近の傾向を教えてくれるので積極的に話をするようになった。いやー、私も大人になったもんだ。ちなみに、向こうがその気になる前に「絶対買わないから」と念を押すのはとても大事。じゃないとずるずる流されるよ〜。

c0005713_0163695.jpgそんな感じでお店の人と話しながら時間を潰していると、カーク・レイナートが会場入りしてサイン会が始まりました。サインを貰うついでに「何か動物を飼っていますか?」と聞くと(通訳の人がいますので ^^;)「いっぱい飼ってるよ。犬もいるし、猫も3匹飼ってる。猫は迷い猫を引き取って飼ってるんだ」とのこと。「うちにも猫が1匹います」と言うと「名前は?」と聞かれたので「宙明」と答えると「可愛い名前だね」と言われました(笑)。
[PR]
by choyushi | 2005-09-24 00:20 | 特撮とぬいぐるみ | Comments(3)
S.I.C匠魂 新作
『S.I.C匠魂 』の新作が出たんで買ってみました。
毎日一個ずつちまちまと買い続けて、
ワルダー、ライダー1号、シャドームーンをゲット。
全て色違いorz
ああどうしてこんなに色違いに縁がある私。
ワルダーはノーマルカラーがダブりで出たんですが、二つ持っててもしょうがないんで会社の人(Kさん)にあげました。今KさんのPCの上にはワルダー(&ビジンダー)とハカイダー(&キカイダー)が並んで立っている…ふふふ……
で、これ↓はワルダーと1号をゲットした時のもの。
対峙させてみました。
c0005713_1141387.jpg
世界別だけどな…
c0005713_1142495.jpg
こうすると更に臨場感アップ。効果線とか入れてみたい。
c0005713_11431388.jpg
ヒーロー側から。こっちの方が少年誌っぽい雰囲気が味わえる。でも視線をちょっと下にずらすと…
c0005713_11441246.jpg
なんか服従してるっぽい。
c0005713_1144399.jpg
とうとう傘下に加わってしまった!! まぁ色違いだからいいか。
ちなみに今はこんな感じ。
c0005713_1146336.jpg
ワルダーとシャドウムーンに立ち向かうライダー!!
食器とか入れるケースに入れてます(笑)。
[PR]
by choyushi | 2005-08-18 11:47 | 特撮とぬいぐるみ | Comments(2)
アンドロ軍団 倒すため
今日は先日辞めたほっぷうが遊びに来た。
よその会社を面接しに近くに来たののついでと、約束してたコレを渡しに。
c0005713_2364134.jpg
知ってる人にはわかるが、知らない人には絶対わからない。裏面には『新造人間キャシャーン』の文字が。
100均でキャシャーンの服の模様が描かれたライターなら売ってるのみたが、よりによってアンドロ軍団(まさに軍団)かい。仮面ライダーの変わりにショッカー軍団のステッカー貼るよりマニアックだぞそれは(ところで、私の携帯の裏に貼っていたショッカーのシールは剥がれてしまいました…)

その後。
ライターを貰ってお土産まで買ってきてもらったのに事務所の掃除を手伝わせる鬼のような私。
c0005713_2394441.jpg
かわいそうなほっぷう。
[PR]
by choyushi | 2005-07-08 23:15 | 特撮とぬいぐるみ | Comments(2)
マンガバトン
ほっぷうに「まんがバトン書いて下さいよ〜」と言われたので書いてみる事に。
でも私はあなたほど漫画買ったり読んだりしないんですよ〜。

*あなたのコミックの所持数は?
約825冊。
本棚に並んでいる漫画をおおよその数字で計算したもの。つまり「一つの棚の半分(可動式の本棚なので)にa冊入るとして、それがn個あるので…」と計算。なので本棚に入りきっていない本(上に積んである本、ベッドに備えてある本、部屋に積んである本等)は計算に入れてません。ほっぷうの答えが1000冊弱だったので「やっぱりかなり持ってるな−」と思ったが、私もどっこいどっこいなのか。いいや、絶対ほっぷうの答えが間違っているに違いない。もっと持ってるだろ! 1ヶ月5冊も買うって言ってる奴が(笑)。

*今読んでいるコミックは?
現在進行形で続きを楽しみにしている本、という解釈で解答します。
『いばらの王』岩原裕二
本屋でなんとなく絵柄に惹かれて買った本。極力トーン(定規も?)を使わない作風が好き。それ以後『クーデルカ』『地球美紗樹』も読み、ストーリーテラーとしても一流である事を知る(特に『地球〜』の方は最初のストーリーに敬遠していただけにラストに衝撃を受けた…)。可愛い女の子とかっこいい男の人と渋いおじさん。この人の絵、好きです。
『GUNSLINGER GIRL』相田裕
気になっていたが一歩間違えるとしょーもない18禁ゲームに成り下がりそうな設定に敬遠していたが、信頼できる人が「面白い」と言っていたので読んでみたらハマった。
登場人物の心理や感情を丁寧に描写する事によって人々の苦悩や苦しみ(時には希望)を描けていると思う。DVDも買っちゃった。
『BLACK LAGOON』広江礼威
意味もなくオンナノコが銃をぶっ放すような物語は嫌いだが、この作品に出てくるレヴィという女性のガンアクションは文句なしにかっこいい。テンポや演出が軽快で見ていて楽しく、「見せ方としての面白さ」が兼ね備わっている。セリフがシャレている。
『フルーツバスケット』高屋奈月
GINJI宅でアニメを見たのが最初。「どうしてこいつはかけて欲しい言葉をかけてくれるんだろう」という言葉に惹かれて原作も読みはじめる。個人的には杞紗のエピソードでの由希のセリフが好き。「確かにこれはかけて欲しい言葉だ」と思った。
『ちびとぼく』私屋カヲル
言わずと知れた4コマ猫漫画。この人のこれ以外の作品は私の好みでなさそうなので読んだ事ないです。宙明4コマはこの漫画とネタがかぶらないように気をつけてます(笑)。
『鋼の錬金術師』荒川弘
『歴パラ』時代からこの人の作品好きでした。そういえばあの頃から男生と間違えられていましたね(笑)。
『JIN-仁-』村上もとか
現代の脳外科医師が、幕末にタイムスリップしてしまう話。荒唐無稽な設定ながら、ディティールが凝っていて安心して読みすすめられる。こういう丁寧に描かれた作品は好きです。連載が不定期なのが難点。

*最後に買ったコミックは?
『母に習えばウマウマごはん』小栗左多里
この人のエッセイ漫画のファンです。『ダーリンは外国人』を偶然本屋で発見して以来この人の漫画エッセイを見つける度に買ってます。ちなみに、普通の漫画の方は読んだ事ありません(^^;)。料理をしないくせに、料理本は買っちゃうんですよね何故か。しかし料理をしなくてもためになる情報も盛り込まれているのでそれはそれで勉強になりました。うどんスープを濃く作ってしまった時は…とか、冷え性には…とか。


*よく読む、または思い入れのあるコミック5種類
よく読むのは…本棚に並んでる本を無作為に引っぱり出して読むのが主なのでここは思い入れのある本を。

『ドラえもん』藤子不二雄
3歳頃から絵を描いてましたが、最も描いていたのがドラえもん。そこまではまぁ絵の好きな子供に共通したエピソードですが、私の場合漫画をそのままノートに模写してました。コマ割からセリフから…。私が漫画の基本を習ったのは間違いなくドラえもんでしょう…
うちにはドラえもんの単行本は数える程しかなかったけれど、兄がドラえもんの映画版と藤子不二雄のその他の作品が収録された雑誌のような本を持っていた記憶があります。その中の一つが凄い印象に残ってるんですが、どうにも題名が思い出せません。ある家族が霧の中に迷い込み、見知らぬ町に辿り着いてしまう…という話。誰か知りませんか。

『らんま2/1』高橋 留美子
ある日の晩、今は亡き父が会社から帰ってくるなり私にくれた本。普段私に何かを買い与えると言う事がなかった父が何故この本をいきなり買って来て私にくれたのかは未だに謎です。いきなり7巻だったのも謎です。父よ……。とにかくそれから「読まねばならないのかな?」と半分強制的に読み始めました。「らんまが好き!」とか「面白い!」と思った事は多分一度もありません。でも数奇な運命で私の手に入ったこの漫画が私のイラストの基本となってるのは言うまでもありません。

『コブラ』寺沢武一
子供の頃に単行本を読んだ覚えがあるんですが、あの時はわけのわからん漫画だと思いました。しかし大人になってから兄がワイド版を入手したので試しに読んでみると…面白い! 本来SF物は性にあわないんですが、これは本当に面白いと思いました。スペオペの見方が変わった。とにかくセリフがかっこいいです。ジョン・ウェインの映画を見ているような感じになります。「ぐっとくるぜ。さすが女だ。すごい殺し文句だな。」って、あんたの殺し文句もグッとくるよ!!
実際寺沢氏は映画の技法を参考にして漫画を書いている…というような事をどこかで聞きましたが、例えば『BLACK LAGOON』もそんな感じです。しかしあちらは「映画を見て感化された」という感じ、こちらは「映画そのものを見ている」ような感じです。違いが…分かるでしょうか(笑)。

『シャカリキ!』
サンデーで連載していた『め組の大吾』にハマっていた時、友人の佐藤Kさんに「曽田正人さんの本ならこれも面白いですよ」と勧められた本。正直、『め組〜』の前と言う事は絵もワンランク下だろうし、同じ作者の物でも面白さが同じとは限らない、と思って読み始めたのですが、予想に反して今ではこちらの方がまぎれもなく「好き」だと言える作品。古本屋で1冊づつ買って行ったので、途中の巻(9巻だったかな?)が手に入らず、ちょっと遠くの古本屋まで自転車で買いに行った事を覚えています。その本屋まで山を一つ越える必要があったので、結構な坂道がありましたが…燃えました(笑)。

『ワンピース』
久しぶりに「読みたい!」と思わせてくれた正当派少年漫画。特に1巻の面白さは最高です。「こんなのが読みたい!だから書く!」という感じが伝わってきて好感が持てます。
最近の漫画に言える事は、多くの漫画が「自分の書きたいものしか書いてない」と言う事です。これは大いに不満です。ではどういう漫画が良いかと言うと、少なくとも私は、「自分が読みたいものを書く作家の漫画」が読みたい。藤子不二雄氏の漫画などはまさにそうではないかと思うのです。藤子不二雄氏に限らず、石ノ森氏や手塚氏の漫画に言える事ですが、一つとして他に類を見ないものばかりを書いている。当時はそんなに作品がなかったから、自分でつくり出すしかなかったと言うのもあると思うんですが、それにしても最近の作品は「自分が書きたいから」というスタンスで書かれているものが大半だと思います。しかしそれはともすればひとりよがりな「芸術作品」になってしまいます。私は漫画は娯楽だと思っているから、「芸術作品」は読みたくありません。一方、「自分の読みたいもの」なら面白いものが出てくるし、読者を意識した作りになる。読者を意識しない作品は漫画ではないと思っています。最近はワンピースもちょっと「自分の書きたいもの」になってきているように感じますが(話が複雑になってきたからしょうがないかも知れませんが)、当初のスタンスは忘れないように願いたいですね。

さて。あまり語る事はなかろうと思ったんですが、思ったより気合い入れて書いてしまいました。
あとこれを5人に回さねばならないんですが、なんとなくミュージックバトンの時のように気楽にまわせません。もし「書いてあげても良いよ」という人がいれば助けると思って名乗りをあげてやって下さい。
[PR]
by choyushi | 2005-07-07 09:23 | 特撮とぬいぐるみ | Comments(5)
どうしたんだタツノコ
以前紹介したガッチャマンの魔よねえーず、ぽっかり日記の尚さんのご好意によりいただくことが出来ました。
これがそのマヨネーズ、もとい魔よねえーずの全貌だ!ずぎゃーん!!(SE)
c0005713_23451623.jpg
よかった……これじゃなくて……ガッチャマンの魔よねえーずが名前だけだったら泣くに泣けない。
3袋ももらっちゃって、尚さん本当にありがとうございました。追ってお礼の手紙を出しますが、まずはご報告まで。
c0005713_23473184.jpg
宙明も興味深々です。
c0005713_23484558.jpg
パッケージをよく読むと『立場ない人』の文字が。日記の題名…ネタじゃなかったんですね尚さん! 本当にたちばな出版はたちばない人だったんだ……それとも立場ない人の味方ということなんだろうか…… どっちにしても寂しい……
[PR]
by choyushi | 2005-07-05 00:08 | 特撮とぬいぐるみ | Comments(8)
MUSICAL BATON
ブログからブログへ同じ質問が回ってきて、それに答えてまた次へと回すという、今流行りの『MUSICAL BATON』が我がブログにもまわってきました。ひー!当然存在は知っていたしよく拝見させていただくブログさんでもいくつか取り上げられていたので内容は知っていましたが、まさか自分の所に廻ってくるとは思ってなかったので全然考えてませんでした。
しかも一番星様から廻って来たとあれば、マジに書けばいいのかネタに走った方がいいのか判断に苦しむ所です。まぁ、マジに書いても誰も楽しまないと思うんで、ほっといてもネタに走ると思うんですけどね。

さてでは第一問。
1.コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
……わかりません。いきなりですいません……
普段PCで音楽を聞く事はまずありません。引っ越して自分の部屋を持った時に、まず「快適な音楽空間を」というコンセプトの元に部屋の配置を決めたので、パソコンの上にコンポが一つとジュークボックス(?)が一つ、両脇にスピーカーを設置しました。ので音楽はこれで聞いてます。PCに音楽を入れる時は、レンタルCDを入れておいてCDかMDに落とす時のみです。先日PCを初期化した際に以前の音楽データは消えてしまったし(兄から貰ったアニメの音楽データが全て消えたのはショックでした)、今は先日借りたCDが入ったままだと思います。PCの容量が危なくなって来た時にまっ先に消されるのは間違いなくこの辺のデータです。

c0005713_16453231.jpg2.今、聴いている曲
ドラえもん絵描き歌。
正確には某ラジオ番組でドラえもん特集をやっていた回の放送を聞いています。そして「ドラえもんってジャイアンより歌下手じゃない?」とか思ったりしてます。そして絵描き歌に合わせてドラなど描いてみましたが…なんかさっきから…うまくいきません。あれ?足がない…
そらでなら描けるのに〜!ジレンマです。(でも上には上がいた…リンク先を参照)
上のは本当に10何年ぶりかに描いたドラえもん。太っ(笑)。でもまぁ物凄く久しぶりで、見本なくなしでこれくらい描けたら上出来かな? ドラってたまにこういう口したよね??

3.最後に買ったCD
基本的に音楽はレンタルかラジオで手に入れるので、自分で買う事はまずありません。なのですが…たまに…amazonとかって怖いですね。ポチッとワンクリックで買えてしまうんですから(amazonのせいにするな)
確か最後に買ったのは『特撮英雄伝』です……orz
音楽CDでなくてもいいんならオークションで譲ってもらった岸和田博士のラジオドラマです…どっちにしても……orz

4.よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
うわーこれは難しいですね! 他の人のように「衝撃を受けた!」というような曲はないんですが、とりあえず私の人格形成に深く関わった曲を5曲あげる事にしましょう。

c0005713_926616.jpg『宇宙刑事ギャバン』
これは外せないでしょう。菊池俊輔氏(仮面ライダー!!)も渡辺岳夫氏(O戦はやと !!)も、ついでにいうと小林亜星氏(ボルテスV!!)だって好きですが、やっぱり渡辺宙明氏が一番好きです。兄が宇宙刑事シリーズのカセットを持っていたんですが、この楽曲が大好きで大好きで何度も聞いていました。当然わかめになりました。ごめんなさい。とにかくイントロがかっこいいです。『チェイス!ギャバン』もイントロかっこ良いです。あとエンディングの『星空のメッセージ』は名曲。

c0005713_9212011.jpg『COME BACK TO ASIA』
物心着いた時から聞き続けていたTMネットワーク。その中で一番好きな曲です。初めて聞いた時は『SPANISH BLUE』が好きでした。完璧に兄に影響を受けた曲(というかアーティスト)です。兄にはその後、山本正之(オリジナル楽曲の方)、ザバダック、遊佐美森、麗美などの楽曲も影響する事になります。


c0005713_922405.jpg『天狼星に(シリウスに)』
母が好きだと言う事で兄が買って来たさだまさしさんのCDを聞いて以来、私もすっかりハマってしまいました。『天狼星に』は間違いなく佐田さんの曲の中で一番好きな歌です。
でもいわゆる有名所の曲は嫌いです。ていうか、あんまり良いと思いません。なんか説教臭くて。『主人公』や『風に立つライオン』とか人気の高い曲ですが、あまりに「っぽい」感じが鼻に付いて素直に「良い」と思えません。曲調にも新しい感じもないし。さだファンの方からは避難を受けそうですね。初めて聞いたアルバムは『夢の吹く頃』と『風待通りの人々』で、その中でそれぞれ『マグリットの石』や『普通の人々』なんかが好きでした。『普通の人々』のような哲学的な歌詞とかわりと好きです。さっきの「説教臭い」というのと矛盾が生じると思われるかもしれませんが、あちらは内容が象徴的すぎて嫌いだと言うだけです。また最近のさださんの曲も落ち着き過ぎてなんか好きになれないですね。やはり借金背負ってた時の必死な時期が一番楽曲が良かった気がします。ビートたけしさんだったか、「人は満ち足りている時は良いものが出来ない」というようなことをおっしゃっていましたが、確かにその通りだと思います。足りないもの、追い求めているものがあるから、つくり出そうとする意欲が湧くんですから。

c0005713_9221816.jpg『JOY』
中学の頃に初めて聞いたB'z。その後JーPOPを聞き続ける事になるきっかけを作ったと言っても過言ではないと思います。B’zはいろいろ好きな曲がありますが、最初に好きになったのがシングルのB面に入っていたこの曲。シングルカットの曲でない所がひねくれてる…。あと稲場さんより松本さんが好きだと言った時も「変わってる」って言われた…。かっこいいやん!ギター回したりして!!
そんなわけで中学・高校とJーPOPばかり聞いてました。アニソン以外を聞いてた時期もあったんですよ。DA PAMP、浜崎あゆみ、GLAY、LUNA SEA、黒夢、ワンズ、T-BOLAN、斉藤和義、hitomi、平井堅、とんねるず(後藤次利さんが好きなんで)、KINKI KIDS、ラルク、ミスチル、ポルノグラフィティ……ほどとんどが友人の影響です。そういえば黒夢のCD返さなきゃ…

さて。最後の一曲になってしまいましたが、ここにきてほとほと選曲に困ってしまいました。やはり一番星さんにお誘いいただいたと言う事で特撮ソングを選んだ方が良いんでしょうか(笑)。それならスタンダードナンバーとして子門真人さんとか出しておきましょうか。では『松戸競輪のCMソング』で。って特撮ちゃうやん!
ま、冗談は置いておいて、正直子門真人さんの楽曲って、思い入れのある曲がないんですよね。……なんだろう、ドラえもんとか子門さんって、子供の頃から「周りにあって当たり前」という感じだったんで、特筆して書く事がないんです。子門さんの私の知らない曲とか聞くと「あ、子門さんだー」と思う前に「はっ…!覚えなきゃ!」と、瞬間的に強迫観念のごとく思ってしまう。そんな感じです。なので子門さんは別格として置いておいて、御三家の中で私が一番好きなアニメ歌手の持ち歌からこれをあげたいと思います。
c0005713_9214792.jpg『たたかえ!キャシャーン』
言わずと知れた佐々木功御大の名曲。『999』とかも死ぬ程好きなんですが、この曲はライブに行った時に聞いたんですが、前振りのセリフを佐々木さん自らがおっしゃっていたのが感動的でした。きゃー!マイケル!
そう、子供の頃父親がナイトライダーを見ていた影響で、佐々木さんといえばマイケル。コンドルのジョーじゃなくてすいません。
もともと好きな曲だっただけに演出の渋さに参りました。もちろんカラオケで歌う時は必ず、息が続くまでシャウト!
もちろんデビュー曲の『本命はお前だ』も好きです(笑)。

こんな感じでつらつら書き起こしました。読んで下さった皆様お疲れ様でした。御静聴ありがとうございます。やっと終わったか、という気持ちとまだ語り足りんという気持ちでいっぱいです。でもこれ以上語ると腱鞘炎になってしまいそうです。

で、最後にこのMUSICAL BATONを誰かに回さねばならないんですよね…
とりあえず猫リンクを張らせていただいた皆様にお願いできますでしょうか。
たつ様とやぶ猫様はすでに受け取られている様子なので……
『猫アレルギーのパパと猫のみどり』のさんご様、
『ねこタビばいく』のももねこ様、
『Life with Ed and Curry』のはちべえ様、
よろしくお願いします。後二人……
私がブログに引きづり込んだ『夢百合詩(あるすとろめりあ)』のリリーさん、『ぽっかり日記』の尚さん、よろしく!
[PR]
by choyushi | 2005-06-27 16:48 | 特撮とぬいぐるみ | Comments(18)
ライダーカード
雨が降っていたので駅に付く頃には靴が結構濡れてしまった。靴下も。靴下が濡れたままというのは気持ちが悪いので、コンビニに寄って靴下を買う。
……はっ!! 私は靴下を買ったはず。何故こんなものが……!!
c0005713_9275349.jpg
中身はウェハースチョコ。捨てずに食べる!!
c0005713_928835.jpg
そしてカードは1号ライダー。いやったぁ〜♪
c0005713_9281461.jpg

[PR]
by choyushi | 2005-06-23 09:28 | 特撮とぬいぐるみ | Comments(0)
こ、これ私も欲しい!!!!!!
尚さんのアジアンキッチンの日記に紹介されていたんですが、今とある出版がキャンペーンをやっているそうです。なんでもここの本を1,000円以上買うとあるものをもらえるそうなんですが……
ふーん、そうなんだ、と思い、物を見てみると……
こっ、これはーーーーーー!!!!!!
これ欲しい! まじ欲しいわ。ここの出版の本って何があったっけ? チェックせねば!
とりあえず手に入れたが社長の旦那に報告だな。
[PR]
by choyushi | 2005-06-11 09:11 | 特撮とぬいぐるみ | Comments(2)
溶けない氷
c0005713_2363540.jpgうくくく♪ 買っちゃいました☆“ON THE ROCKS”♪ またの名を決して溶けない氷!!
ウィスキーとかジュースに氷を入れると、冷たくなるけど氷が解けて味や香が薄くなってしまう、という問題がありますね。その問題を解決するのがプラスチック等で「アイスキューブ」です。これは従来のアイスキューブとは違って、2億年の地殻変動の間に圧縮されて生まれた天然石で作られているそうです。
去年のMdN(デザインの雑誌)の注目グッズ情報で見てからすごく欲しかったんですがようやく購入に漕ぎ着けました。うれし〜♪
もともと、雑貨が大好きな上に、こういう変な実用品見ると居てもたってもいられません。
今回はAssistOnというネット販売を利用して購入しましたが、ここはいいですね〜♪ 見てるだけで飽きません。いろんな変なものあって、もろに私好みです。
こういうの見てると、「欲しい」というより「あの人が喜びそう。プレゼントしたい」と思いませんか? 自分で使うものってハッキリ言って余りないんですが(笑)、「これ送ったら喜んで貰えそう」とか「あの人にこれ送ったらウケるな」とか思いながらウィンドーショッピングするの大好きです。惜しむらくは、「これ、あの人にあげたい!」と思ってもすでにその人の誕生日が過ぎてる事……
ちなみに、次狙ってるのはコレ。まぁ購入する事はないでしょうが、欲しいな〜これ。アナログなのに針の一切無い時計! 確かに、壁掛け時計なんて大体の時間さえ解れば良いわけで、これだとなんか、心の余裕が持てそうな気がしませんか?
[PR]
by choyushi | 2005-05-27 12:46 | 特撮とぬいぐるみ | Comments(4)
その名もR-TYPE…じゃなくてTYPE-R
c0005713_10175059.jpgauから私の大好きな G’zOneが復活するそうですね! 偉いぞCASIO!!
何でもかんでも乱暴に扱ってすぐに壊してしまう私には G’zOne以外の携帯なんぞ使えません。それなのにああそれなのに。カメラ付きの誘惑に負けて買い替えて以来、 G’zOne が発売される事がなく……やっぱりあのまま G’zOne 使い続けてリゃよかったかな……と後悔する事もありましたが、4年間待った甲斐がありました。
ただ……
G’zOne が復活してくれて嬉しい事は嬉しいのですが、あまりにもアウトドア向けになり過ぎてしまったので、今度はいささか敷き居が高い。
今使っている携帯は、写真をブログに載せるのを前提に買ったものなので、写真が綺麗&PCとの連結が容易というメリットがあります。TYPE-RだってPCとつなげる事くらい出来るとは思いますが、今の自分の需要と照らし合わせてみると今の携帯の方が良いんだよなぁ……
どうして耐衝撃&防水を全部の携帯のスタンダードにしてくれないんだau。
[PR]
by choyushi | 2005-05-27 10:16 | 特撮とぬいぐるみ | Comments(1)