特撮感想日記
東京猫ツアーのレポートを書きたいんですが、まとまらないので先に特撮の感想を(^^;)。

ボウケンジャー
よくある「敵がヒーローに化ける」お話。よくある話だけど、燃えますなぁ(笑)。変身した後だと「同じキャラを登場させる」のは簡単だけど、変身前のアクションが多かったので見ごたえがありました。演出家に拍手!
あと偽者を見破るシーンもナイス。デカレンジャーの時はその辺の描写が曖昧だったのでイマイチだったんですが、今回は謎解きを描いてくれるのが面白い。あとブラックが謎を解いたのもポイント高いです。レッドにばかり活躍させずに、キャラの性格を活かして活躍させるのは戦隊ものの醍醐味であり見せ場だと思います。

カブト
ものの見事に見るに耐えませんでした
奇妙愛博士の日記に「次回は井上脚本」と書かれていたのである程度は覚悟していたのですが、ひどい。まぁ「思ったよりは」めちゃくちゃにされてなかったな、という感じですが、もう二度と書かないでね、にっこり。というのが正直な感想です。(え、次回も井上脚本ですか……?)
だってナンパに合コンって、もうヒーロー作品としてありえない。必要か?そのシチュエーション。意図は?意味は?自己満足の作品が作りたいんなら自主製作でも作ってろよ。
あと戦闘シーンなんですけど……クロックアップの特徴がちっとも活かされていない。今までクロックアップの表現の仕方にかなり力を入れていた(カブトの特徴と言ってもいい。そして尽く素晴らしい出来だった)にもかかわらず、今回はクロックアップの映像が全く活かされない場所で戦闘したというのが全くもって残念。最後のおまけのクロックアップの方がよっぽど有効的に活用されているってどうなんだソレ。
[PR]
by choyushi | 2006-04-10 14:23 | 特撮とぬいぐるみ | Comments(4)
Commented by DrKrain at 2006-04-12 21:34
ボウケンジャー...見逃しちゃいました...
でも、ボウケンジャーは、かなり良質な作品ですねぇ...
レッドの、最近の戦隊モノとはちょっと違った熱血ぶりが、イイ感じです...

カブトは...クロックアップが全て...(っておい!)
龍騎アクセルベント、555アクセルフォームの応用(パクリ)なのですが、時間軸を加速側にあわせる発想に唸りました...

ちなみに...カブトも...見逃しました...
井上脚本のはちゃめちゃぶり...サムいけど...そんなに嫌いじゃないんです...
Commented by choyushi at 2006-04-13 07:57
>DrKrain様
ボウケンジャーはいいですねぇ。レッドも「リーダー」っていう感じの頼れる兄着っぷりが好感度大です。
最初に名前を聞いた時は「どうなんだ……」と思ったけど、そういう作品の方が案外よかったりするのはデカレンジャーで立証済みだったので、見始めてよかったです。そろそろキャラも立ってきたし、次回は続き物みたいなので楽しみです。

>見逃しちゃいました...

でも、ビデオは録ってらっしゃるんでしょ……?

>カブト

今回は井上の暴走もそんなにひどくなかったです。
でも薔薇ですよ薔薇。一体この人の頭の中は何時代なんでしょうか。
後手段と方法が入れ替わってる脚本も痛い。小学生レベルの脚本を公共の電波に乗せてほしくありません。
良い事とは山ほどありますが、コメント欄には限りがあるので割愛します。

>カブトも...見逃しました...

微塵も支障ないと思います。
Commented by shamrinko at 2006-04-15 23:09
ボウケンジャー・・・ほんとにある番組なんですね。
最近上司(小さい子供さんがいます)がよく「おまいはボウケンジャーにはなれんな」などと会話の中でその単語をよく出すので何のことかと思ってましたが。
Commented by choyushi at 2006-04-17 10:37

>shamrinko様
やってますよ〜!日曜朝7時からなのでなかなか仕事してる人間には辛い時間ですが(^^;)。
それにしてもすごい上司ですね。普通日常会話でそれは出ません。カレースプーンを見るとついウルトラマンを真似してしまうようなものでしょうか。ちょっと違うか。


<< 第3回東京猫ツアー1日目 ねこまんが54/おでむかえ >>