次回特撮作品
今担当している不動産のチラシで『グランコート』というマンションが入っているのですが、名前を見る度に♪燃えろ〜ファイヤー♪と流れるこの脳内ラジカセを誰かどうにかしてください。

******************************************

さて、マニアの人たちはもうとっくに知っていると思いますが、次から始まる仮面ライダー&戦隊シリーズは「仮面ライダーカブト」と「轟々戦隊ボウケンジャー」だそうです。
今さらですけど、もうネタ切れの感があるなぁ……
カブトか……鬼の次は烏天狗ということか(それ作品違う)。でもキャッチコピーの「俺が正義」だってのはちょっと。ジャスピオンだよそれ。「ごうごうせんたい」も「ゴーゴーファイブ 」とかぶってるし、な〜んかオリジナリティにかけるなぁ。中身を見てみないとなんとも言えないのは解ってるだけど、戦隊シリーズや仮面ライダーはある意味設定で楽しめる部分も大いにあるんだから、もう少し遊んでみても良いんじゃないかって思う。初期にゴーグルVとかバトルフィーバーJとか、異色の作品だって存在してたわけだし(そりゃあの辺は正しくは戦隊物ではない、というマニアもいるかもしれないけどさ)。
友人が言っていたので面白いな、と思ったのが、ゴレンジャーを復活させてみれば?という案。もちろん当時の物を再放送するのではなくて、例えば当時のアオレンジャーが組織内で出世して、現代の世で新ゴレンジャーを新たに作る、みたいな。
なるほど、基本的に再放送が「ない」戦隊物では、それは面白い案かも。
当然5人の戦士は新しい人だけど、宮内さんとか昔のヒーローが登場する上に、役柄は「元アオレンジャー」だなんて、ゲストとか全く別の役で出てこられるよりよっぽど嬉しい(や、もちろん誠直也さんとかでも可。ヤクザに見えない事を祈る)。
実際、現在の子供達って、結構ゴレンジャーとか知ってる子が多い。この間のドームツアーでも、3才くらいの子供が「ごれんじゃー」って言っててびっくりした。でもかえって今の子供の方が知ってたりするんだな。今はビデオも出ていたりして、親が見てたりするらしい。そう考えると、親の需要があってさらに子供も解るとすれば、今こそそういうのが実現可能かもしれない。一昔前は、「これはあの作品で隊員をやってた人だ」とか「こっちの作品でヒーローをしていたのにこっちでは悪人で出ている」とかはさすがに一部マニアックな人しか解らなかったけど、一般の人(ごく限られて入ると言っても、マニアよりずっとマシな人数)にウケるとしたら、下手なリニューアル作品を作るよりよっぽど面白いと思うけど。
上手くすれば、当時のゴレンジャーも再放送できるしね(^^)。
[PR]
by choyushi | 2006-01-11 10:27 | 特撮とぬいぐるみ | Comments(14)
Commented by megellanica at 2006-01-11 12:35
初コメです〜
ボウケンジャー(笑)確かにネタ切れの感は否めません。
マンションの名前って、変形したり変身したりしそうなの多いですよねー
Commented by yohko at 2006-01-11 13:30 x
今のウルトラマンマックス、がそんな感じですよ。
長官役にに初代ウルトラマン、博士役にアキコ隊員、
ゲストにイデ隊員やセブンの役者さんが登場しました。
(私は詳しくないので、名前は調べました(笑)。)
怪獣もエレキングやピグモンが登場、親も子も楽しめるようになってます。
ストーリー上、初代とセブン役の人が共闘したり、ファンにはたまらない
だろうな~。
Commented by choyushi at 2006-01-11 14:32
>megellanica様
マンションの名前……どれどれ……(自分の手元の原稿を見て)
グランソフィア、クロスティ、レジオン……
うーん、確かに気合い入れて名前呼ぶとそれっぽく聞こえそうな名前ばかりですね(^^;)。
ちなみに私が今まで見た中で一番印象的だったのが「少女の赤い靴」とかいう名前のマンションです(笑)。どういうコンセプトなのかさっぱり……
Commented by choyushi at 2006-01-11 14:35
>yohko様
らしいですねぇ。ウルトラマンはまた独自のこだわりを持っている作品だと思うので、そういうお遊びや冒険ができるのが良い所ですね。ただ私は巨大物が嫌いなので出来れば仮面ライダーとかでやってほしいのです(^^;)
ところであれって物語繋がってるんでしょうか? 昔の怪物が出て来るのは知ってるけど、ただ「昔と同じの出してますよー懐かしいでしょ」ってのはあまり嬉しくないです。登場人物が「あれは昔闘った○○で……」って、視聴者(親)と記憶を共有するようなのが理想です。
Commented by yohko at 2006-01-11 16:21 x
うむ~私もさすがにウルトラマンは範囲外だわ。というか、特撮は範囲外なのよね。
単純に、今のマックスは話がシンプルでわかりやすいです。
怪獣はストーリー上では昔との関わりは出てないかな(たぶん)。
番組後の解説コーナーで、昔のと比較して紹介されてますが。

役者さんの方は「昔、共に戦った仲間なのよ」とかセリフがあって、
当時の写真が一瞬映ったり、
長官が「ありがとう、ウルトラマン・・・・・・マックス」と、やけに間の空いたセリフを
意味深につぶやいたりしてますが。
Commented by choyushi at 2006-01-11 16:43
>yohko様
なるほど。
昔の作品と比較言うと……
ああ、ウルトラファイトですね ←なんでそうなる。
Commented by megellanica at 2006-01-11 18:04
>「少女の赤い靴」
うわあ、ホラー映画みたいじゃないですか、コワイ響きですよ(((;゜Д゜)))
入ったら外出らんない、又は外へ出たら見知らぬ外国になってそうです。
Commented by choyushi at 2006-01-11 23:12
>megellanica様
あはは。確かにホラーです(笑)。実際「靴」だったかどうかは正確には覚えてないんですが、「少女の赤い」までは確実。これだけでもかなり怖いですよね。人に説明する時「○○にある少女の赤いなにがしに住んでるのー」とは俄に言いがたい(^^;)
Commented by ほっぷう at 2006-01-12 00:42 x
ボケンジャー?
カブト?ビーファイター?
響鬼のままでいいのにぃ。
Commented by DrKrain at 2006-01-12 07:15
先日は、エントリー...ホントありがとうございました!

ジャスピオンじゃなくとも、最近のライダーはメタルヒーロー化現象のまっただ中ですからねぇ...
そのフォルムは、まさに『斬新』の一言...
そう...ライダーとは思えないほどに...
ブレイドはバシャーンのメタル化ですし...

>ゴレンジャーを復活させてみれば?

イイですねぇ~この案...
ウルトラマンレオでいう、モロボシダン的手法ですね...
あの設定には燃えました...
キレンジャーが、カレー屋の親父役なんかで出てきたらサイコーです...
そして、「俺も若い頃は...」なんて現役に大げさな昔話をする...
さらには、カレー屋の親父も変身...現役の窮地を救うという、ゴレンジャー世代にはなみだなみだのエピソードもあったりする...

つづく...
Commented by DrKrain at 2006-01-12 07:16
つづき...

バトルフィーバーも違う国バージョンでやってもらいたいですねぇ...
バトルインド・・・ヨガの達人。弟のバトルパキスタンとはキカイハカイ(犬猿)の仲。
バトルイラク・・・意外に打たれ強い。ミスアメリカが嫌い。
バトルカナダ・・・ミスアメリカの言いなり。ライバルはバトルジャパン。
バトルコリア・・・キカイダーチックな左右非対称フォルム。犬が大好き。
バトルアイルランド・・・病気がち。本当の敵は体内にあり...

ありえんありえん...
Commented by choyushi at 2006-01-12 12:13
>ほっぷう
いや、響鬼は別に終わってくれてもイイや(笑)。
あ、違う! ヒビキは別に良いけど、脚本家を根本的に見直して欲しい!! それが可能ならヒビキをもう一度最初から作り直して欲しい(笑)。
Commented by choyushi at 2006-01-12 15:34
>DrKrain様
どういたしまして! 本当は病院関係の真面目なカテゴリも好きなんですが、最近はあまり更新されていませんね。

>最近のライダーはメタルヒーロー化

これも今さらなのであえて言う事でもないかもしれませんが、もう「仮面ライダー」っていうのを完全に抜きにして欲しいですね。事実上「仮面」でも「ライダー」でもないんだから。あんな中途半端にバイクに乗られるんだったら、ない方がマシだと思うのですが。今度のライダーもカブト虫がモチーフですが、どう見ても昔の仮面ライダーを意識したもののようには思えない……あ、単にムシキングの人気に便乗してるだけか。

>ゴレンジャーを復活

面白いでしょう、この考え。新しい物に昔の人やキャラがゲストで出たりするのとは違う所がミソです。完璧に続き物として作成すれば面白いし、それができるだけの地盤は十分あると思うんですけどね。

つづく。
Commented by choyushi at 2006-01-12 15:34
つづき。

>キレンジャーが、カレー屋の親父役なんかで出てきたらサイコーです...
>そして、「俺も若い頃は...」なんて現役に大げさな昔話をする... 

あははは! それありそう!
あ〜、どうして最近の製作者の中にはこういうオタク(褒め言葉)がいないんでしょうねぇ……

>バトルフィーバーも違う国バージョン

ひー! 人のブログで恐ろしい事を書かないように(笑)!
でもこれで作ったらその時代の世界情勢が一発で解りますね。後世への資料性も高く、子供達には勉強になる(大人にも)。さすがはスーパーヒーロー。
……でも、仲間同士で喧嘩しそうだな……。
ていうか、味方の中の方が敵が多そう……


<< 宙明降臨1周年 東京ネコツアー第二弾 >>