勧進帳
c0005713_221338.jpg
まくろ、ヒゲ生やしました。ヒゲなしの時より可愛くなったような。

***********************************************

ところで、昨日は珍しくNHK大河ドラマを見ました。
普段ドラマどころかTVも見ない私ですが、付いていたのでなんとなく。
あと、物語がちょうど有名な勧進帳だったので。
結構好きなくだりなんですよ。弁慶が主人を守るために、歯を食いしばって主人を打ち据える。富樫左衛門は芝居と知りながら義経一行を見逃してやる……。
大まかなストーリーは知ってるつもりだったんですが。
義経一行を見送った後に「……九郎判官殿」とつぶやく富樫のシーンで・゚・(ノД`)・゚・ダバー
敵を欺くためとはいえ主人を打ち据えた事に涙して謝る弁慶の姿に・゚・(ノД`)・゚・ドバー
ダメだ……orz
私本当にこういうのに弱いわ。
恋愛ものとか見てもあくびしか出ないのに、こういう男臭い友情(?)話はどうしようもなく泣ける。
主人のためとはいえ心底から慕っている義経を打ち据えざるを得なかった弁慶の苦悩!それを理解し感謝して許す義経!弁慶の芝居を看破しつつも、その男気に打たれて敵を見逃す富樫!
どれをとってもツボです。
[PR]
by choyushi | 2005-11-28 22:30 | 特撮とぬいぐるみ | Comments(6)
Commented by den8den8 at 2005-11-29 08:11
名場面ですからね。視聴率がどのくらいいつもより上がったのか、上がらなかったのか、知りたいところです。
やっぱり「主従」と「愛と信頼」のテーマで、日本人のこころに響くものがあるのでしょう。こういうのが積み重なって、「判官びいき」になるのですね。
「富樫」は得な役ですよね。歌舞伎で観ると、また背景の音曲が盛り上げるのですが、大河ドラマでは「タイコ」の音だけで処理していましたが、あれは成功したのかも…。
Commented by choyushi at 2005-11-29 12:37
>den8den8様
冨樫は、最初はただ騙されるだけの凡庸な男とされていたのが、後に義経達の正体に気付いていながらあえて見のがす義の男として描かれるようになったそうですね。分かってるなぁ(笑)。
音は全然意識してなかったんですけど、なるほど〜です。無意識の内に効果的に響いてたのかも。
Commented by 43210 at 2005-11-29 22:00 x
おっと、ひのシーンは見ようと思ってたのに! 不覚であった!
Commented by choyushi at 2005-11-30 09:37
>43210様
安心召されい。まだ弁慶の最後の見せ場が残ってござる。
Commented by DrKrain at 2005-12-04 15:30
私も弱いんですよ~...この手の話に...
大河は観てないんですけどねぇ...
三国志なんかも、そこら辺がぎっちりつまっていて、どこから読んでも、涙がちょちょぎれてしまいそうになります...

ところで、一周年おめでとうございます!
気の利いた言葉が全然思い浮かばないのですが、いつも楽しく見ています...
今後ともよろしくです...
Commented by choyushi at 2005-12-05 11:28
>DrKrain様
私も普段は大河ドラマ見ないんですが、この回だけはなんとなく。
三国志は高校の時によく読んでました。中国史も何気に良い話が多いんですよね。史記とかも読み返したいと思ってはいるけど、そのまま…

あ!そう言えば一周年ですね!直前までは覚えていたのに、すっかり忘れてました(笑)!
ありがとうございます。今後ともよろしくお願いしますm(。。)m


<< クリスマスオーナメント まくろと猫の時間とカンテーレビ♪ >>