同人ゲーム『双子の王子』
『ボ育て本』の発行人である、大人の子供部屋のまえださんが同郷ということなので、帰郷した際お会いしてきました。
バーで。(というわけで、お酒の内容は酒ブログの方にまとめて書きます)

奥方が私の実家のすぐ傍のご出身だったり、お隣さんが旦那の知りあいだったり、思いがけないつながりが判明したりしながら、ゲームもちょこっとしました。
あちこちで評判のいい同人ゲーム『双子の王子』を持って来てくださったので、さっそくお店のテーブルを借りてプレイ。

二人プレイの傑作と名高い『バトルライン』によく似ている…とはよく言われますが、実はプレイした事ないんですよね。『バトルライン』よりライトなプレイ感覚だそうですが。

インストしてもらいながらのプレイ。もちろん負けてしまいましたが、最後の一手でちゃんと相手のいやがるプレイが出来たので嬉しかった(笑)。

そういえば、ラスト近くで「二人ともいらなさそうなカード×2」と「ジン」が出たのでそちらをセットにしたんですが、よく考えたら「ジン」を一枚にするという手もあったんですよね。
そうすると4枚持った方は移動が出来なくなるわけですけど、それはそれで面白そうです。夢が広がるなぁ。

もう2、3回やれば、相手が何を欲しがるか?自分に必要な手は何か?が見えて、より楽しめそうです。
カードのデザインも良いし、運の要素も読み合いもそこそこあって(がっちがちのアブストラクトゲームより、それくらいの方が好み)楽しいゲームでした。

私も『ラブレター』を持っていってたので、旦那も交えて1回だけプレイ。
旦那に姫と兵士を交換させられ、次のターンで兵士に見破られ敗退。鬼か。

**********************************************

それにしても、『ボ育て本』って本づくり経験者が作っているのかと思っていたのですが、どうもそうではないようでびっくりしました。ただ作るだけでも大変なんですよね。それがしっかり「本」と見えるようにするにはなおさら。


「ボ育て」とは「子供と遊ぶために都合のいい言い訳をするための
ボドゲ好きお父さんの苦肉の策」とのことですが、
そうやって父親が子供達と接点を持つのは良い事だと思います。

というのは、昨今よく見かける「子供に合わせて子供の喜ぶ事をする」っていうのが、
自分の幼少期と照らし合わせても「なんだかなぁ」って思ってしまうので。

まぁ、子供を持たない私達が言う事ではないのかもしれませんが、
自分の父親が「自分の趣味に子供を巻き込む」人だったので、
子供が好きな事、得意な事を好きにやらせるより、
親が好きな事、得意な事をやってみせた方が、
世界が広がるし、そんな親を見て尊敬出来ると思うんですよね。

最近は子供の面倒を見る父親も増えましたし、
私の周りの父親も子供といっぱい遊んであげてますが、
子供のレベルに自分を合わせるんじゃなくて、あなたのその
知識や経験を子供に教えてあげてよ!ってしょっちゅう思ってます。

その点、ボードゲームは大人と子供が対等にプレイ出来る良いツールだし、
親子でなくとも、人と人が実際に会って何かをするって
大事な事だと(ネットは便利ですが、やっぱりこれが全てではないな、と)
つくづく思うので、もっとボードゲームが普及すれば良いな…と思います。

**********************************************

[PR]
by choyushi | 2016-11-18 11:05 | GAME! | Comments(0)


文芸部の友人達と『ワンスアポン... >>