エルダーサイン ハウスルール

エルダーサインを旦那とプレイしてみましたが、
いささか不評でした。
理由は「長い!」

今まで30分前後のボドゲしか体験させなかったので
2時間近く使うゲームは疲れるようでした。

これでもソロプレイでルールを把握した上でやってるんだけどなぁ…
しかし、その「慣れ」は逆にクトゥルフに必要な演出の省略にもつながってしまったのかもしれません。
怖い音楽とかかけて雰囲気は出したけど、さくさく進んで行くとただの作業になってしまうという嫌いが(ただでさえ、ダイスに頼る運ゲーの要素が強いのに)。
さりとて、演出にこってしまうとプレイ時間が長くなるジレンマ。

「ルールブックには報酬の破滅アイコンには「破滅トークンを乗せる」と記載されているのだが、拡張の見えざる軍団では、これらの報酬が「破滅トークンを減らす」というものに差し替えられている。」
とあるのを読んで、試しに「報酬の破滅アイコンおよび魔物アイコンは、それらを減らすものとする」というハウスルールで遊んでみました。

「魔物アイコン」に関しては、おそらく作者の意図するところとは違うと思います。
実際、魔物は倒せばトロフィーが手に入るし、ロックダイスのかかった魔物はどうするのか?という問題もあります(ロックダイスのかかった魔物は外せないことにする…など付け加えてもいいかもしれませんが)。

しかし、二人でやってて冒険カード全部に魔物が出たりするとやる気をなくしますし(笑)、
うちみたいに一緒にゲームしてくれる人のやる気があまり高くなかったり、
初心者用ルールとしてはアリかなと思っております。

試しにプレイしてみたハウスルールありのゲームは、
プレイ時間はそれほど変わらなかったにもかかわらず、
ライトなプレイ感覚で遊ぶことが出来ました。

これだとエンシェントワンの封印も比較的楽なので、
このルールで飽きてきたら通常ルールで遊ぶのもいいかな、と思っております。


ボードゲームの醍醐味って、トークンを実際に手に取って、
向かい合わせの人間とわいわいやるのが楽しいものですが、
同時にハウスルールを検討して独自のルールを作り上げることが出来るというのも
一つの楽しみかもしれない、と思いました。

ゲームというのは思い通りにいかないジレンマを楽しむものなので、
簡単にしすぎたら面白さは減ってしまいます。
でも、一番大切なのは目の前の人と楽しむこと。
そのためにいろいろな角度で頭を悩ませることが出来るのが、
ボードゲームの醍醐味のひとつかもしれません。

**********************************

追記
メンバーにもよるけど、やっぱり「モンスターマーク」はモンスター出現のままの方がよさそうですね。
キャラクターの特殊能力を整理してたら気がついたけど、「モンスターが出ない」という特殊能力を持ったキャラもいるので。

あと、拡張版からの変更として「売店でエルダーサインが購入出来ない」「買い物は2個までOK」も採用したい。
どうしても「ラストにエルダーサインを購入して終わり」パターンが多くなるし、そうするとちょっと盛り上がりに欠ける。
あと、買い物も一つだけだと不便だし、「1払って手がかりトークンもらう」なんて人いないしね。

遺失物取扱所で振るダイスの数を(先に振る回数を宣言して)は3個までチャレンジ可というのも追加してもいいかも。
チャレンジ数は自分でも決めれるから、1個のままでもいいんだしね。

**********************************
メモ

名前〈役職〉SAN/HP(初期装備) 特殊能力 青は自分のみ 緑は他PCにも適応可

ハーベイ・ウォルターズ〈教授〉7/3(特殊、呪文) 『恐怖』を『巻物』に
マイケル・マクグレン〈ギャング〉3/7(通常、通常) 『恐怖』を『危険』に
ジョー・ダイアモンド〈私立探偵〉4/6(通常、手がかり) 手がかりトークンの効果×2
ダレル・シモンズ〈カメラマン〉4/6(通常、特殊) 『探索』を+1に
マンディー・トンプソン〈研究者〉5/5(通常、手がかり) 1日に1回、D2を振り直す
アマンダ・シャープ〈学生〉5/5(通常、特殊、呪文の中から2枚) タスクを複数達成
ジェニー・バーンズ〈好事家〉6/4(通常、呪文) 解決時に通常、呪文、手がかりを捨てる代わりに黄Dと赤Dを得る
ボブ・ジェンキンズ〈販売外交員〉4/6(通常、通常、特殊) 通常アイテム+1
モントレー・ジャック〈考古学者〉3/7(通常、特殊、特殊) 特殊アイテム+1
デクスター・ドレイク〈手品師〉5/5(特殊、呪文、呪文) 呪文+1
ゴミあさりのピート〈流れ者〉4/6(デューク) 通常、特殊、呪文の代わりに通常、特殊、呪文、手がかりを得る
キャロリン・ファーン〈精神分析医〉6/4(通常、特殊) 1日に1回、正気度を+1回復
ビンセント・リー〈医者〉5/5(通常、呪文) 1日に1回、耐久度を+1回復
シスター・メアリー〈修道女〉7/3(通常、特殊、呪文) 神話カードの持続効果を全て無視ロックダイスアイコンを無視
ケイト・ウィンスロップ〈科学者〉6/4(特殊、呪文) モンスターが出ない『恐怖』の効果無視
グロリア・ゴールドバーグ〈作家〉6/4(通常、呪文) 異世界で黄Dと赤Dが使える

**********************************

[PR]
by choyushi | 2016-08-22 10:31 | GAME! | Comments(0)


<< 押井監督のシンゴジラ評を読む シンゴジラから考えるオマージュ... >>