ダンジョンクエストクラシック
ダンジョンクエストクラシックが好きだ。
死亡率90%というひどいゲームバランス。完全に運ゲー。
それだけに死んでも笑って許せるし、生還した時は喜びもひとしおだ。

だけど、好きだからこそ苦言を呈したいことがいくつかある。

まずルールブックが分かりにくい(そんなゲームはごまんとあるがな)。
「ビギナーズガイド」と「リファレンスガイド」入っているが、どちらも似たようなことを書いている上に(翻訳のまずさも手伝い)言ってることが遠回りでいちいち分かりにくい。
自分がデザイナーをやってるからよけいに気になるのかもしれないが、要点にラインを引くなり色を付けるなりして必要事項だけでも一目で分かりやすいようにしてほしかった。

次に、キャラクターの特殊能力の意味付け。
各キャラクターには特殊能力があるが、シャララの「ダンジョンカードの引き直し」やブラザー・ゲリンの「ドラゴンのダメージの振り直し」はなぜそれが出来るのかが分からない。クラッツベックの「逃亡不可」などはキャラクターにも合っててよくわからるんだけど。
せっかくキャラクターの性格付けがなされてるんだから、どうせなら特殊能力とリンクした台詞なり設定なりを組み込んでほしかった。(覚え書きでは独自で考案した台詞をはめ込んでます)

最後に、「たいまつが消える」などの効果について。
カードを引いた、罠にかかった、ダイスを振った、失敗、死亡!といったテンポの良い死亡なら面白いが、毎ターン判定をしないといけない系のカードだと失敗すると目新しいタイルにお目にかかることもなく手番が終了してしまう。
特に初心者がこれにかかると「つまらないゲームだったな」と思われてしまいがちだ。
判定トークンが貯まるから負けても得だと思う人は少ないと思う。
せめて成功したらカードを捨て札に出来るようにした方が爽快感があっていいのではないだろうか。

ダンジョンクエストクラシックは何度かリメイクリニューアルされているゲームなので、その辺のバランスは折り込み済みなのだろう。それでもなお改善した方がいいのではないかというのが、この1年このゲームを遊び続けてきた私の感想である(いや最近は やってなかったけど)。

長々と文句ばかり書き連ねてしまったが、最初にも言ったように私はこのゲームが大好きだ。
セットアップが面倒なのと、ルールがややこしいので、ある程度まとまった時間と気力がないときでないとプレイできないのが玉にきずだが、先日久しぶりにやってみたところ、最初はルールのブックの分かりにくさにブツブツと文句を言っていたが、最後には爆笑しながら終わった。やはりすごいゲームだ。

[PR]
by choyushi | 2016-07-19 15:20 | GAME! | Comments(0)


<< ダンジョンクエストクラシック-... ダンジョンクエストクラシック-ルール >>