ゲームバー『ダイス』体験記 3回目
心斎橋のゲームバー『ダイス』さん、3回目の入店してきました。
2回目は旦那と行ってきたんですが、ビール飲んだのでへろへろになってちゃんとゲームが出来なかったんですよね…
なので今回は、自重してウィスキーだけにしました。

この日はお客さんが私だけだったので、マスターと二人で3つほど遊んできました。
旦那が「手札を隠さず、全てオープンで出来るゲームが良い」と言っていたので、それっぽいものをチョイスしてもらいました。面白かったら自分でも買おうと思って。

で、まずは新しく入荷したばかりだという『ポーションエクスプロージョン』を。
c0005713_13354362.jpg
使うのは魔法のビーカーと、それを完成させるために使うビー玉。
このビー玉を取り出すギミックや、ビー玉を取り出す作業が、ネットゲームにはない魅力ですね〜。
実際に手元で作業するって、本当に楽しいですよ。

ビー玉は基本的に1個しか取り出せませんが、その際同じ色同士がくっつくと「爆発」してそれも貰えます。
ゲットしたビー玉をビーカーにセットし、完成するとそのポーションが使えます。
出来上がったポーションは手番の間いくつでも使えるし、使ったからと言って点数が下がるとかがないのも、フラストレーションが貯まらないでいいですね〜。

同じポーションを3つ、もしくは違うポーションを5つ作るとチップが貰え、全てのチップ(4つ)がなくなったら終了、その時点での合計点で勝敗を競います。
私は点数の多いポーションを作れてたのでなんとか勝利!


二つ目は、試験管の中のボールをお題の通りに並べ直すというアクションゲーム『Dr.エウレカ』
「僕、これ得意ですよ」
ええ〜! ただでさえ不器用なのに〜!
と思いましたが、結果は10対6。負けが確定して、ストップしたボールがたまたまお題と合っていた、というミラクルがあったり、相手がボールを落としちゃってその隙に…みたいなことも起こりうるので、ぼろ負けは回避出来るかな。
こういう、手を使うゲームって、老人ホームとかに置くのはどうかな?って思いました。

最後は、私のリクエストで「パッチワーク』をさせてもらいました。
c0005713_1337467.jpg
これ、完璧に二人用のゲームなんですね。
手持ちのキルトボードにパッチワークをはめ込んでいき、
最終的にボタンの数(ゲームではお金の役割)の合計数を競います。
(空きタイルはマイナスポイントとなります)
c0005713_13381178.jpg
無事に7x7のボーナスタイルもゲット出来て、勝利できました!
マスターは「パスしすぎたのが敗因かなー」と言ってました。
c0005713_13382385.jpg
ちなみに、私の出来上がりはこんな感じ。
終わったら仕上がりを記録しておきたくなる。素敵なゲームです。

しかし、3つゲームして私が2つ勝利…
「マスター、わざと負けてあげてるんじゃない?」と思ったそこのあなた!
私もそう思う!!(爆)
…そりゃまー、ゲームバーのマスターが一人勝ちしたら客は減るわな…。
もっと頻繁に遊びに行けたら、本気で相手してくれるかもしれませんが…ごめんなさい!
また旦那つれて遊びに行きます!

土日はお昼も開いてます。そのうち予約制にしたいともおっしゃっていたので、休日昼間にふらっとゲームしに行きたいという人は早めに行ってみた方がいいかも。



[PR]
by choyushi | 2016-06-20 10:59 | GAME! | Comments(0)


<< ダンジョンクエストクラシック-ルール ボードゲーム体験記その3 >>