ボードゲーム体験記その3
体験記つづき。

次にやったのが『ラブレター』という日本のゲーム。
「お姫様にラブレターを届ける」という設定なんですが、ゲームの内容はあまりそこに直結してないかな。
プレイヤーは手持ちのカードを1枚持っており、手番になると山札から1枚引きます。どちらかのカードの効果を使い、ゲームを進めていきます。手持ちのカードが0になれば負けで、山札がなくなった時点で生き残ってるプレイヤーの持ってるカードの合計数が高い人が勝ち。

これはその場で10回くらいやりました。10分くらいで終わるのと、運の要素が多分に含まれるゲームであること、なにより1週目でバーストしてしまう(!)という大胆なルールのために、ついつい「もう一回やろう!」となってしまうんです。
カードの引きが悪いとそれだけでバーストしてしまいますが、逆に手持ちのカードが少なく出来る事が限られているので、初心者でもやりやすいのも特徴のひとつ。
相手のカードを推測して当てたりという駆け引きの要素もあるので、頭も使います。
何度もやってると、「あれ、あのカードもう出たかな。前のゲームの時のだっけ?」と混乱していくのも、拡張カードを入れると難易度が高くなるのもミソです。
脱落系のゲームは、早めに脱落した人が暇になる嫌いがありますが、このゲームは展開が早いため退屈になる事はありません。その辺も○。

『ヴィラ・パレッティ』というバランスゲームもやりました。
「柱を買うお金が無ければ、いらない柱を使えばいいじゃない」というコンセプトで建物を建てていくというすごいゲーム。
各プレイヤーは自分の色の柱を抜いて、最上階に置き直します。これを繰り返して、最も多くの点数を獲得したプレイヤーが勝ちとなります。もちろん、崩してしまったら負けとなってしまいます。
最後まで組み立てると、高さは80cmほどになります。物理的にダイナミックなので、大人がやっても遜色ない。でもいい大人が一生懸命柱を抜いたり建てたりする様は(自分でやってても)おかしい。
重心を考えたり、人の柱を支柱にして抜けないように自分の柱を建ててみたりと、わりと頭も使います。
最終的には点数で勝敗が決まりますが、これはおまけみたいなもんですね。最後まで建てられたらそれだけでみんな満足。テーブルを囲んでうんうん頭をひねってる合間にこういうゲームを挟むと、リフレッシュになりますね。

最初にいたお二人は残念ながら終電のために退散。
「もうちょっと居れる」という、後から来たお客さんと一緒に、閉店まで簡単なゲームをすることに。

その名も『ドメモ』。「人の持ってる物を当てる」というのは割とよくありますが、これは「自分の持ってる駒の数字を当てる」というちょっと変わった推理ゲームです。
「1」が1枚、「2」が2枚、「3」が3枚、「4」が4枚 「5」が5枚、「6」が6枚、「7」が7枚の計28枚のタイルがあり、プレイヤーは7つの手札を「自分には見えないように」配置します。他プレイヤーには自分の手札が見えています。
そして、自分の手札にあるであろう数を言い、当たっていたら(他プレイヤーに引いてもらって)その手札を場に出します。
手札が0になった人が勝ち。

最初にやった時、マスターとお客さんの手札に「1」が1枚、「2」が2枚、「3」が3枚、「4」が4枚あったので、自動的に「私は5〜7しか持ってないな」というのが分かったので比較的簡単に勝てました。

2回目をする時にマスターが言いました。
「基本的には、こうやって自分の手札を当てていくゲームです。でも、これの本領はまだ発揮されていません」
そして2回目…先ほどと同じように、数を当てていきます。
今度はいい感じに駒がばらけており、私も苦戦します。そして、マスターの手番の時「2」と言いました。マスターの手札に「2」はありません。「2」はお客さんが持ってる。ということは、残りの「2」は使っていない山札の中にあるのか=私は持ってないのか…と思ってしまいます。
ところが、これがブラフ。
実はマスター、場に「2」が全て出ているのを見越して、「わざと相手を惑わすような発言をした」のです。
自分の手番を捨ててまで、他人の予想を混乱させる…これもまた、『ドメモ』を面白くさせる戦略なのです。
もっとも、私はマスターが「2」と言ったのを忘れて、あっさり「2」を当ててしまうんですが…(^^;)
残りわずかになってくると、場に捨てた手札や自分の発言から絞れてくるので、あんまりやきもきする事もありません。最後は神経衰弱に近いかな。

これにてこの日のゲームはお開きになりました。
みんな親切な方ばかりで、本当に楽しい時間を過ごしました。
帰りのエレベーターで、お客さんとちょっと会話をしました。曰く、「友達を連れて行くために、ボードゲームが出来るお店を探していた」のだそう。ダイスに来る前に2件ほど回っていたそうです。
「ボードゲームする所って限られてますからね。イエローサブマリンとかでもブースがあるけど、なかなかあの輪の中に入れないんですよ…」というと、「そうなんですよね!」と同意していただきました。やっぱり、男の人でもそうなんですね(まぁ当たり前っちゃ当たり前ですが…)
その点、BARだと「最悪、飲んで帰るだけでもいいか」と割り切れられるので、すごく良い環境だと思います。問題は、お酒飲みながら集中してゲームをすると頭が痛くなるというところでしょうか(普段いかに脳みそを使ってないかってことですね)。


[PR]
by choyushi | 2016-03-14 15:25 | TRPG | Comments(0)


<< ゲームバー『ダイス』体験記 3回目 ボードゲーム体験記その2 >>