『真夜中の弥次さん喜多さんを見た』
暇だったので母親を誘って『真夜中の弥次さん喜多さん』を見てきました。後から考えると、悪い事をした(^^;)。
とりあえず、冒頭のCMで『逆境ナイン』の映画化を知り、ぶっ飛ぶ。さらに校長役に藤岡弘、の起用にさらにぶっ飛ぶ。
見ねば!! 
しかし、CMラストの男球のシーンを見て思ったが、今後こういう映画を作ろうと思ったら『少林サッカー』以上のテンションが必要ではないだろうか。中途半端なものを作ったらそれこ比べられてチープな作品にしかならないと思う。
さらに『フライ、ダディ、フライ』のCMを見る。面白そう! なんか久しぶりに「見たい!」という映画に出会った気分。
あと『Zガンダム』のCMもやっていた。あまり興味はなかったけど、やっぱり映画館で見ると映える。でも多分一人じゃ見にこない。(すごく見たい映画は一人で見るタイプ)
何かもうこれだけでお腹いっぱいになった気分(特に『逆境ナイン』と藤岡弘、)だが、肝心の弥次喜多の感想を書かねばですね。
弥次喜多は……う〜ん、可も有り不可も有り、という感じ。
お話は面白かった。演出もすばらしかったと思う。キャストが最高。
でもなぁ。ギャグが面白くないんだよなぁ。
これならもっと面白い演出の仕方あるだろ〜と思うシーンがしばしばあったのが惜しい。間がな〜(><)。映画とTVとでは時間の感じ方が違うから、あとから地上波で見たらまた違った感想になるかもしれないけど。
まぁね。いいんです。私は松尾スズキさんの姿が見れただけで十分満足です。ひげの花魁が出た瞬間に母親捕まえて「これ松尾さんやんな!?」と言ってしまった。感動。感激。あれだけでも見に行った甲斐がありました。
あとARATAさんかっこよかった。研ナオコさんの怪演もよかった。ぐっさん歌うまっ!!とか。まっそんな感じの映画でした(どんなだ)。
そういえばこの記事を書くのにいろんなページを見てみましたが、『ひげの花魁』のDVDが出てるとかいう情報が……どうしよう……(←何がだよ)
[PR]
by choyushi | 2005-04-24 18:28 | 特撮とぬいぐるみ | Comments(6)
Commented by Plum at 2005-04-25 19:30 x
「真夜中の~」には触手が伸びませんでしたが、逆境ナインは面白そうですね。
Commented by choyushi at 2005-04-26 00:04
>Plum様
好きと嫌いが分かれる作品だと言われているので、興味がなければ見ないのが無難でしょう(^^;)。私はしりあがり寿が割りと好きなので(ヒゲのOLとか弥次喜多とかはもうひとつだったけど……)見てみました。見て、ああやっぱりなと思いました。
それはともかく、逆境ナインですよ! 突然スクリーンから「これだ……これが逆境だ!」のセリフが聞こえてきた時は震えました。
Commented by まもる at 2005-04-26 01:25 x
TBありがとでした♪
確かに「弥次さん喜多さん」、テレビ向きって感じですよね^^;。
「木更津キャッツ」のムービーの時もそう感じたんですが…。

舞台演出やってる友達が言うには
クドカンは物事の捉え方が、人とは明らかに違う角度から見てる人だと思うので、それを受け入れられるかどうかで意見が分かれてしまうのかもしれません。

…って言ってました^^。


Commented by choyushi at 2005-04-26 12:30
>まもる様
コメント有り難うございます。
物事の捉え方が人と違うのはクリエイターとして重要な事だと思いますが、それをいかに表現するか…というところ、まだもうちょっと映画っぽくなかったかな、というふうに感じました。例えばこれが舞台だったりしたら、また感想は違ったかも知れませんね。
Commented by psycho-bio-social at 2005-04-26 19:03
やじさんきたさんは見に行こうかと友人と話してましたw
IWGP以来クドカンにはまりまくってる僕は,多分見に行きます.
そういえば,原作読みました?あれもなかなかすごい世界ですよw
Commented by choyushi at 2005-04-26 19:46
>psycho-bio-social様
クドカン好きなら間違いなく楽しめる事でしょう(^^)。楽しんできて下さい。
原作は、かなり前に古本屋で立ち読みしてて、映画観賞後もう一度読んでみようかと思い、ブックオフまで自転車を走らせたのですが、売ってませんでした。ちっ。


<< たまには女性だけで パグ吉突進 >>