猫のキャスパー
c0005713_1675039.jpg

バスの常連だった英国の猫、ひき逃げで死ぬ | Excite エキサイト

 [ロンドン 19日 ロイター] 英南部の都市プリマスでバスに乗り市内を移動することで有名だった猫「キャスパー」が、ひき逃げ事故で死んだことが分かった。地元メディアが伝えた。

 毛の色は白と黒で12歳だったキャスパーは、通勤客らと自宅前の停留所でバスを待ち、3番のバスに飛び乗ると車内では空席を見つけ丸くなっていたという。バスの運転手らは顔なじみだったため、どの停留所で降ろせばよいか心得ていた。

バスの運行会社は、キャスパーの死について「非常にショックで悲しんでいる」とコメント。


悲しいニュース…なんだけど、スポークスマンのコメントにちょっと癒された。

 「今は天国で探検を楽しみ、ほかの猫たちにも自分の冒険談を語っていることだろう」



生前も記事になっていました♪
[PR]
by choyushi | 2010-01-20 16:07 | Comments(2)
Commented by popmamy at 2010-01-20 23:19
こんばんわ、ポップマミーともうします。サーフィンの途中で、来てしまいました。昨年10年暮して元野良猫のカレンに死なれた者です。また来ます。今日は遅いので・・・
Commented by primas at 2010-01-21 17:52 x
お店のマスコットになって名物になってる犬とか良くいるけど、キャスパーの生前の生活って実に猫らしくていいなあ。キャスパーとバスの運転手さんたちとの関係もいいなあ。
それだけに残念だなあ。

なついてた野良猫達が轢かれた時のことを思い出したよ。


<< 服装ぐらい・・・ 言ってしまった一言言えなかった... >>